長野の美容室バウハウスのブログ

長野の文系美容師がヘナの白髪染めに本気で取り組んでいます。

パーマは夕方に当てるのがベスト

ヘナの白髪染めに本気で取り組んでいる
長野の文系美容師 

ハナヘナ専門店バウハウスの
傳田(デンダ)がヘナを語ります




働き方改革

働き方改革が最近のトレンドなのか
それとも労基がうるさいのか
美容室でも時間短縮が求められているようです。



美容室といえばブラックの
代表的な職場だったのは昭和時代で、

最近は社会保険も入れている
美容室もあるようです、



さらに営業時間を短縮している美容室も
出てきました。





美容室の場合は最終受付と営業時間は別物で
たとえれば飲食店のラストオーダーと
閉店時間のちがいと思っていてだければ。



ま、それはスタッフが
何人もいる美容室のことで
私のようなひとりでお客様を担当する美容室は
何時間働こうとだれのおとがめも受けません、

自分次第ってことです。




ただし、、
長時間働いたとしても
売り上げがあるとは限らないのがこの業界、

日中はヒマで夕方だけ忙しい、、、
なんてこともありますからね。






それに最後の予約でないとできない
メニューもあります。




f:id:bauhaus-s:20190925221925j:plain

ようやく晴れましたが本題との関連性はございません、細かいことは気にしてはいけません



本日最終受付のメニュー


f:id:bauhaus-s:20190926220755j:plain


薬剤を使うとき最も気にするのが時間、

ヘナなどはさほどシビやに
時間管理をしなくとも問題はないけれど
パーマはそうはいきません。



髪の状態にもよるけれど
1分が命取りになることもざらにある。



私のようにひとりで担当している場合は
全て自分で見なければならないので
パーマをしている時は
他のお客様は入れていない。



まぁ、付きっきりでなければパーマの時間管理は
難しい、、、と言うよりも
そのくらいに時間を管理しないと
やばいことになります。

パーマのダメージは毛先に集中しますから、

それでなくとも
毛先は根元よりダメージがあるので
慎重に対応しなければならない。





f:id:bauhaus-s:20190926220723j:plain


パーマが終わったところで
気になる白髪にヘナをしたらこんな感じです。


白髪がヘナでオレンジ色の染まっている、、、、

このくらい白髪があるとさすがに
このままでは帰れないので
この後インディゴでヘナのオレンジを消す。



仕上がりはこんな感じ

f:id:bauhaus-s:20190926220917j:plain


暗すぎるのはNGだそうですから
ヘナとインディゴを3:7で配合して
仕上がりです。



普段はヘナをする日とインディゴをする日は
別々にしているが
今回だけはフルコースでいってみました。




理由ですか、、、
明日の朝一番でトーキヨーに行き
結婚式に出席するからです。






f:id:bauhaus-s:20190926220942j:plain


髪が細いのと普段からヘナで染めているので
ヘナ:インディゴの3:7でも
大丈夫ですが

この配合で全ての人がうまくいくとは限りません。




ヘナはその人にあった染め方があります、

要するに積み重ねが大切で
次回、その次と妄想していかなければならないのが
ヘナの面白いとこでもあります。










f:id:bauhaus-s:20190926223151j:plain


すっかり暗くなった南石堂町で
明かりがついているのは

bauhausと数件の飲食店だけ、
時間にシビアなパーマなどをする時は
どうしても最後のお客様になることがある、




今回はヘナの2度染めとパーマ、
所要時間は3時間でした。



長い時間でしたがお疲れ様でした、、、、




まぁ、夕方受け付けて仕上がるのは夜、

この時間でないとできない技術もありますから
時間短縮の働き方改革はなかなか、、、
どうしたものでしょうね、



ヘナ専門店ですがパーマも好きな技術です。



私の働き方改革は当分このままでしょうが
好きなことをしているので
気になることはありません。




長野と上田でハナヘナでしたら

hair・shop b a u h a u s まで


予約、問い合わせ

026ー228ー5228

長野市南石堂町1423 奥村産業ビル1F]