長野の美容室バウハウスのブログ

長野の文系美容師がヘナの白髪染めに本気で取り組んでいます。

今年もヘナ専門店でいきます

ヘナ染めから頭皮のケアまで、
長野のヘナ研究所の所長 
長野の文系美容師バウハウスの傳田です。


実はこの記事、、、
7日に書いて投稿するのを忘れていました。

ボツにしようかと思ったけれど
今年の最初に書いた事ですから
捨てるのはやめた次第です。





本文はここから


松ノ内を過ぎると正月ではなくなるので
(松ノ内は7日まで)
ここからはしっかりと
働かなければ、、、って事で2020年 

何か新しいことをやってみようかと考え、、、
まずはブログのタイトルを
変えるところから始めた。 ホントは



色々と考えたのだけれど
日々お世話になっているブログから
始めるのが順当かなってことで。



ま、今年もヘナ専門で美容を考えることに
変わりがないですけどね。




美容師はカラーやパーマは当たり前で
美容に関することは
何でもできると思っているでしょう。



それに
「できない」と言わない美容師くんも
かなりいるようです。



それと根拠の無いプライドだけは高い人種が
多いのも美容師の特徴かな。




基本、美容師は新しいモノが好きですから
自分が流行りのコトができないのは
許せないのでしょう。



それに一般の方も美容学校では
美容に関することは全て習ってくると
思っているよいうです。



ハッキリ言いますが美容学校を卒業しても
何もできません、ま、この話を始めると
本題から外れてしまいますので
このくらいにして。



カンタンにいえば美容の技術は
自分が就職した美容室で習うことになる。


カットやカラー、パーマなどは
おおよそどこの美容室では定番
(上手い下手は別として)だけれど
ヘナを扱っている美容室は少ない。




美容師を続ける過程でカットやカラーは
当たり前だけれどヘナなど
美容師人生で一度も縁が無い、、、コトも
あるでしょう。



私としてもヘナはほとんど独学で
おぼえたようなものです。



最初にヘナを手にした時は全く使い方が
分からなかった。



何度も失敗して(染まらない)
たどり着いたのが人工染料入りのヘナ、
天然のヘナで染めるのはムリでした。

ここからは次回に続く、、、、




f:id:bauhaus-s:20200113230411j:plain


新年といえば富士山でしょう


ちなみに長野から富士山が見える場所は
限られているが見えたとしても
遥か彼方にやっと見える程度。


ま、言われないと気がつかないレベルかな





f:id:bauhaus-s:20200113230334j:plain


初日の出、、、ですが、、、何か




長野と上田でハナヘナでしたら

hair・shop b a u h a u s


予約、問い合わせ
026-228-5228


長野市南石堂町1423 奥村産業ビル1F