美容室のお代は図書券で

 

 

ヘナの白髪染めに本気で取り組んでいる

長野の文系美容師 ハナヘナ専門店バウハウスの

傳田(デンダ)がヘナを語ります

 

 

 

 

支払いは現金でお願いします

 

とある動物病院の受付に

張り紙がしてありました「支払いは

現金のみ受付」。

 

 

 

細かいことは忘れたが

柔らかくお願いしている感じではなく

けっこう強い口調だった。

 

 

 

ま、それにしても

「支払いは現金のみ」の理由は何でしょう、

カードでの支払いを

受け付けていないのならば「カードは

取り扱っていません」でいいはず。

 

 

 

そこをあえて現金を強調するのは

どんな理由だあるのでしょう。

 

 

地方都市だからといって

大根やリンゴを支払いをする人がいるなんて

考えられませんよね。

 

 

 

 

 

図書券で支払い

 

そういえば以前のこと、と言うか

私の美容人生で一度だけの出来事がある。

 

 

 

それは男性客だったが

 

カットが終わり支払いになった時に

「先生、本を読む?」と聞かれた

(田舎では美容室のオーナーを

先生と呼ぶ習わしが残っている)。

 

 

 

とっさのことだったし

相手の意味していることが分からず

「はぁ〜、読みますけど〜」と答えた。

 

 

そして出された図書券をつい手に

取ってしまったらその男子客は

「じゃ、それで」と言い残して

店を出て行ってしまいました。

 

 

 

あまりに経験の無い出来事だったので

呆気にとられてしまってコトの成り行きを

しばらく理解できなかったが

カット料金分の図書券で支払いを

されてしまったのでした。

 

 

金券で買い物はできるけれど

売り上げにはなりません、

 

もしかしたらその動物病院も

金券で支払いをする

飼い主がいたのでしょうか。

 

 

ちなみに支払いは現金のみの横には

夜間の診療と電話は受け付けていません、と

赤線付きで書かれていた。

 

 

 

考え方を変えて

図書券でもお金と同じ扱いにすれば

問題はないと思う。

 

 

図書券や金券で電気代や

仕入れができればよいだけのことです。

 

 

 

まぁ、これからは

キャッシュレスになるようですから

図書券や金券での支払いもなくなると

思いますけど、

 

 

 

バウハウスの支払いは現金でお願いしています。

 

 

 

 

 

どちらもヘナで白髪染め

 

 

f:id:bauhaus-s:20191102211408j:plain

f:id:bauhaus-s:20191102211435j:plain

 

どちらの方もヘナの白髪ぞめですが

髪の色が違って見えるでしょう。

 

白髪の量や髪質は似ていますが

その違いは、、、、

 

 

 

 

 

 

 

f:id:bauhaus-s:20191102211408j:plain
f:id:bauhaus-s:20191102211435j:plain

 

横に並べると違いが分かりやすかな、

ちなみに写真は加工していません。

 

支払い方法は現金のみでも

仕上がりに個人差があるのがヘナの

良いところ、

 

その人だけのオリジナルカラーに

染まるコトですが、、、

 

 

違いは次回につづく。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オッサンの朝は

 

f:id:bauhaus-s:20191102211601j:plain

 


テーマとの関連はございません、

最近は味噌汁にこってまして

朝はここから始まります。

 

 

本日はブロッコリーとトウフの味噌汁、

京ネギは必須事項です。

 

 

 

 

 

長野と上田でヘナのことでしたら

hair ・shop   b a u h a u s

 

予約、問い合わせは

026ー228ー5228

 

 

予約や問い合わせは定休日でもOK、

 

手が離せない施術をしていたりで

電話に出れない時もあります、

しばらくしてかけ直して下さい。

 

 

会員の方でライン登録をしている方、

ラインでの予約、問い合わせもできます。

(当日の問い合わせには対応できませんので

お急ぎの時は電話でおねがします)

 

 

ヘナに興味がある方、

体験したい方、

カラーをしているけれど

ヘナに変えるタイミングが分からない、、、、、

相談の来店も受付てます(要予約)

美容師さんも歓迎です

 

 

長野市南石堂町1423奥村産業ビル1F