長野の文系美容師のブログ

長野の文系美容師がヘナの白髪染めに本気で取り組んでいます。

セルフヘナは美容室のヘナよりお得

ヘナは自分で染めるもの

「ヘナなんて自分で染めるものよ」と
言われたけれど本当でしょうか、

と聞かれました。



ヘナを自分で染めると言う前に
ドラックストアでは大量のカラー剤が
売られているでしょう。



これって美容師が対象では無くて
一般の方々が自分で染めるように
売られているカラー剤です、


ってことはセルフでカラーをする人が
大勢いるからですよね。



それでも「カラーなんて自分で
染めるものよ」とは言わないでしょう、


美容室で染める人、
セルフで染める人、それぞれだからです。



それなのになぜヘナだけは
自分で染めるものだと
言ってしまうのでしょうか。



本日のテーマはセルフヘナ

カラー剤の目的は髪を染めることに
尽きるが

ヘナは髪を染めるのが目的だと
思っているのは。。。


まぁ、ハッキリ言って素人か
ヘナを知らない美容師くん。



それではヘナの成分の話を、、

ヘナの成分のナフトキノンは
髪のタンパク質に着きやすく
酸化するとオレンジ色に発色する、


ここまでは知られているようです。



ここからが本日のテーマ、

ヘナの成分のナフトキノンは
頭皮にダメージを与える酵素を撃退したり
真菌やカビを防ぐ効果もある。



さらにヘナのタンニンは
髪の芯から補強するので髪を疎水に
導く、、、とこんな感じです。



髪のトリートメントの目的は
疎水ですから
ヘナは最強のトリートメントと
いうことですね。



ここで言っておきますが
髪がツルツルしたりツヤが出るのは
トリートメントに入っている
油分ですから目的とはちがうのです。




これ以上ヘナの成分の説明を続けると
本題から外れそうなので
このくらいにしておきます。




ヘナとカラー剤の違い

カラー剤などの薬剤と違い
天然のヘナを扱う上での大きな違いは
使う量、


天然のヘナはたっぷり塗ることで
その効果を引き出すことができる。

ってことは、

塗る量が少ないとヘナの効果が
存分に得る事ができない 
なんて事態になるかもしれません。



まぁ、経験上塗る量をケチると
ロクな事がありませんでした。



さてヘナは塗ると表現するよりも
正確にはヘナを置く感じで塗るのがよい、

この辺の間隔がカラー剤とヘナの
違いですね。




セルフのヘナの最大の弱点は塗る量、

自分の髪を塗ってみると分かるが
通常使う量の半分も塗る事ができない、


特に髪が長いと毛先まで
塗れないどころかムラに
なることも。


自分の後頭部は見えませんから
仕方がないことです、、、



「ヘナなんて自分でやるもの」と
思っている方、

それは間違いでは無いが
正解でもありません。



ヘナを自分の時間で
楽しみたいのであれば
問題はないがそれはあくまでも
楽しみの範囲です。



気になる部分の白髪を染める程度は
できるでしょうけれど

ヘナの効果を引き出すことは
難しいのでヘナの効果を
あまり期待しない方が
よろしいかと思います。



それでもヘナは髪や頭皮に
悪影響はありません、
(頭皮にこすり込んだり
ダメージにある髪に無理やり
塗る行為はヤバイ)




僕が提供するヘナは
その効果を最大限に引き出し
ヘアスタイルを作ることで
ゲストの方々が快適な日々を過ごす
お手伝いをすることです。



それはヘナを塗る行為だけではダメ、
シャンプーから始まりカット、
仕上げのセットまでの全てが
必要になる。



「自分で塗るヘナ」と

「僕が提供したいヘナ」は

同じヘナでも求めるものが
全く違います。



自分で楽しみたい方を批判するつもりは
全くありません、

セルフヘナがヘナの全ての様に
他人に押し付けるのは
いかがなものかと、、、、。

今時のマスク事情に似てますね。


ひと口にヘナと言っても
ヘナを塗るのは美容師だけれど
その後は自宅で流す
「お帰りヘナ」もある、


この様にヘナはいろいろな方法があるので

そのゲストに良い方法を見つけるのも
ヘナ専門店の役割だと考えています。




最近白髪が増えたことを気にしている、
今まで髪を染めたことが無くて
白髪対策はヘナ。



ここで言っときますが
ヘナではありません、ハナヘナ でした。






bauhausは看板がありませんので
店先の草木を目印にお越しください。




長野と上田でヘナのことでしたら

hair, shop Bauhaus まで


予約、問い合わせは
026−228−5228

ヘナはオワコンだったのか

近所の美容室でヘナを希望したら
「ヘナなんて、、、
とっくに終わってますよ」と
担当の美容師に言われてしまった。




遠方に住む事になってから年に2回ほど
来店する方がいます。


近所の美容室に行けば良いのに
帰省に合わせて髪を切りに来てくれる、

嬉しい限りですが最近は白髪が
気になり出した。



髪が伸びるだけならばなんとか
我慢もできるが白髪だけは
どうにも気になる、

ってことで近所の美容室に
意を決して出かけたところ

その第一声が
「ヘナ?まだやっている美容室
あるんですか?」

本題を始める前に
近所の美容師くんに一言、

お客様に恥をかかせるような発言は
慎みましょう。




それでは本題に入ります、

本当にヘナはオワコン?
僕が美容業界に入ったころは
パーマ全盛期でしたが
今パーマをかける人はごくわずか、

でもパーマをオワコンと呼ぶ人が
いるでしょうか。



今時はカラーが美容室の主役に
なっています、

以前は髪を染める方法は
ケミカルカラーだけだったが
今では塩基染料や
ヘナなどの植物染料などがもあり
その技術もいろいろ。





またカラーで最近使われている
スパチュラーなど20年くらい前の
技術だったが見直されているようです。



このようにヘアスタイルと共に
使われる技術は繰り返す、、、、が
そのまま使うのではありません。





ヘナも最初に日本に入ってきたのが
30年ほど前で当時の扱い方や品質など
今のヘナとは全く違います。



僕がヘナを本格的に始めたのが8年前、
当時と今では扱い方も考え方も違います。



それはヘナを毎日扱っているので
同じところに止まることはありません。



細かいところではヘナの塗り方も
当時とは違うのも事実です。



僕はヘナをすることが目的では
ありません、



ヘナをすることで髪のこと頭皮のこと、
体のことを考え健康で明るい毎日を
過ごしてもらいたいと考えています。



ヘナが凄いのではありません、

ヘナをどのように使うのかを考えて
実行することが大切です。





ヘナとインディゴの二色染め、

ヘナで染めたオレンジ色を消す時に使う
インディゴですが
白髪は均等に生えているとは限りません。




生え際に集中しているので
その部分だけにインディゴで染める、
二色染めってヤツです。



それじゃ、
誰にでも当てはまるとは限らない。
人それぞれですから。








長野と上田でヘナのことでしたら

hair, shop Bauhaus まで


予約、問い合わせは
026−228−5228

チャリティーカットと寄付

長野市のヘナとカットの美容室、

ヘナは数あるけれど
天然成分100%のヘナだけを扱っている
ヘナ専門店 hair・shop bauhaus 
の店主がヘナを語ります、


寄付の話

美容業界でもウクライナに
売り上げの一部を寄付する運動が
あるようです。


ロシアとウクライナの問題はさて置き
本日はヘナの話ではなく、

寄付と売り上げについて考えてみます。



自分の財布の中から寄付するのが
一般的ですがイベントで
チャリティーを呼びかけることも
最近は一般的になっているようです。




チャリティー会場で飲食や物販店が
売り上げの一部を寄付する、

食べ物やモノはその時だけの購入だから
後にひかないが
髪を切ることをチャリティーで行うのは
いかがなものでしょう。




チャリティーカット

以前、東日本の震災の後に
ゴールデンウィークでのイベントで
地元の美容室が呼びかけ
チャリティーカットを行い
その売り上げを震災地に寄付する、


確か、、、
子供のカット限定だったかな。



それなりに盛況だったようですが
寄付とは何だろうと考えさせられた。



子供のカットをチャリティーで行こない
その売り上げを寄付する、


美容師側も参加させる子供の親も
震災地の為になればと思う気持ちでしょう、


しかし子供のカットとはいえ理美容室の
大切な売り上げ。




出先で何かを食べた、
その場のノリで何かを買った、

それと髪をカットするのは
大きく違うのです、

一度カットしてしまえば2ヶ月くらいは
髪を切らない、

要するに本来ならばどこかの理美容室で
売り上げになるはずの金額が
消えてしまう、


その店の1ヶ月の売り上げからすれば
微々たる金額かもしれないが
無くなっているのは事実。




例えば、、、
チャリティー会場に来た人の髪を
切るのではなくシャンプーをして
その売り上げを寄付する、


シャンプーはほとんどの人は
毎日しますからね、

そのにプロのシャンプーを
披露するのであれば他所の売り上げを
無くさないと思いますけど。



もしくは自分の店の売り上げを
そのまま寄付する方が
良いのではないでしょうか。


ここからが本題

何かを支援したいと考えたときに
収入から寄付をするのか
それともチャリティーを個人とかグ
ループで行う。


個人での寄付は誰にも知られないが
イベント系のチャリティーは
人の目に止まりやすいので話題なります。



まぁ、自分のお金かそれとも
集めたお金か、

寄付には変わりはないでしょうけれど。



僕の場合は、、
仕事に励むことが寄付にもなると
考えています。



仕事で売り上げを上げれば
税金をたくさん払うことになります、

その税金の一部が日本国政府から寄付に
回るのですから。




政府なんてあてにならないと
思っている方もいるようですが

他国、自国への支援、救済などは
税金から賄われていますので
自分ができる精一杯のことは
仕事でゲストに喜んでもらうことです。



言っておきますが
チャリティーカットを
否定しているのではありません、
寄付のあり方は色々ですから。



ハナヘナ


ヘナの白髪染めと癖毛ケア
天然のヘナは白髪染めだけでは
ありません、


癖毛のケアにも効果あり、

って書くといきなり髪のクセが
直ってしまうと錯覚する美容師くんが
いるようですが。




ヘナを知っていればそんな奇跡が
起こらないことは知っている。



しかし続ける事で格段に髪のクセが
収まるのは事実、
昨年の梅雨より今年の梅雨は
過ごしやすくなる、、、はず。







長野と上田でヘナのことでしたら

hair, shop Bauhaus まで


予約、問い合わせは
026−228−5228

体に良いヘナ

長野市のヘナとカットの美容室、

ヘナは数あるけれど
天然成分100%のヘナだけを扱っている
ヘナ専門店 hair・shop bauhaus 
の店主がヘナを語ります、

ヘナでデトックス
ヘナは髪にも良いけれど
「体にも良いことがあるのですよねぇ」
といった声を聞きます。



ヘナは本当に髪だけでなく
体にも良いことがあるのでしょうか。



またヘナでデトックス効果などといった
話も聞くことがありますが
本当にところどうでしょう。



まず最初にヘナが髪に良いとか
体に良いということですが、、、

良いとは一体何を指して
言っているのでしょうか。





ヘナが髪に良いこととは
傷んでいる髪はキューティクルが剥がれ
タンパク質が少なくなるので
パサついてまとまりが悪くなる、



そこにヘナをすることで
症状が改善するのですが
それを髪が良くなったというのであれば
間違いではないでしょう、


ただし一時的に良くなった気がする
だけですけど(一度傷んだ髪は元に
戻りません)。






ヘナと頭皮の関係
次に頭皮が良くなるとは
どういった状態を指しているのか。



薬剤がしみる、
フケが止まらない、、、

このような頭皮は敏感肌だったり
乾燥肌のことがあるので

今までの生活習慣を考え直すことが
必要です。




そのうえでヘナをどう使うのかを考える、

それが頭皮に良いといえば
そうなりますけどトラブルのある頭皮に
いきなりヘナを塗っても解決はしません。



むしろ塗り方を間違えると
症状を悪化させることになりかねないので
これには慎重に対応するようになります。




ヘナは体に良い、、、
これはハッキリ言って
何が良いのか分からない、

デトックスとかいう話もありますが
草の葉っぱを塗りたくった程度で
毒が出るとは思えませんけど。



むしろ体に毒を取らない方が
よろしいのではないでしょうか。



もっともヘナを始めたことで

シャンプー剤のこと、
洗剤のこと、
食事への考え方が変わり
結果的に体の調子が良くなった、

そのことでヘナが体に良いと
いうことが有りかもしれません。





ヘナを始める前にひたすら検証する

ヘナをバウハウスで扱うことを決める前に
週に2〜3度はヘナを自分の髪と頭皮に塗り
それを2ヶ月続けてどんなことが
起きるのかを検証した。


その結果からゲストに勧めることに
したのです。


ヘナのどこが良いのでしょうか
ヘナの成分が髪のタンパク質に付く性質があり
それが酸化発色することで
白髪が染まるだけでなく髪に弾力
が得られる、、、

カンタンに説明するとこんな感じですが
たった数回経験しただけでは
本当のことは分かりません。


他人が良いと言っても本当に良いのか
自ら経験してから判断するのが
僕のゲストへのこだわりです。








ヘナとインディゴの二色染め


ヘナ染めですが
生え際に白髪が増えてきた、
その生え際の白髪のオレンジ色が
気になるという、

そこで生え際だけをインディゴで染めて
オレンジ色を消した濃いブラウンに。






ハナヘナのナチュラルとインディゴ





長野と上田でヘナのことでしたら

hair, shop Bauhaus まで


予約、問い合わせは
026−228−5228

ヘナは二度染が基本

ヘナは二度染が基本

ヘナで染めると白髪がオレンジ色に
染まることは知られるていますが
髪が全てオレンジ色に染まるのでは
ありません、

白髪だけがオレンジ色に染まる。



という言うことは、、、
白髪が多くなればオレンジ色が増えるので
髪が明るく見える、

これはヘナ染めを体験しないと
イメージがわかないと思う。



ここでよく聞かれるのは
「どのタイミングで
白髪染めにしたらよいのか」。

どうも、、、
白髪がオレンジ色に染まるヘナ染めは
白髪染めでは無いと思っている方が
ある程度いるようです。



ですがヘナだろうと
ケミカルカラーだろうと
白髪が染まるのは全て
白髪染めのカテゴリーに入ります。



まぁ、どこから白髪染めになるかは
本人が決めることですから
どう理解しても問題はありません。



それではここでもう一度ヘナと
インディゴの関係から説明しましょう。



ヘナはご存知のように
白髪がオレンジ色に染まる、

そのオレンジ色を消して
濃いブラウンに変えるのがインディゴ。



ここで少しインディゴの説明を

ヘナはミソハギ科の植物で
インディゴは豆科の植物、

ヘナとインディゴは違う植物です。



ミソハギ科の植物にアレルギーを
持っている人はいないけれど
豆科の植物にはアレルギー反応が出る人は
少なからずいます。



特に蕎麦アレルギーとか
ナッツなどのアレルギーの人は要注意、


こんな書き方をすると
インディゴは危ないと
思ってしまいそうですが
ケミカルカラーやブリーチ剤の方が
危険な薬剤ですので。



それではインディゴは
どのように使うのかって話ですが
単品で使うことはありません。



ヘナに慣れている美容師などは
インディゴ単独で使う例もありますが
素人は真似をしないように。



ヘナとインディゴの二度染め

ヘナで染めたらその後インディゴで
再度染める、
二度染めと言われている方法です。


その他にヘナと混ぜて染める方法も
ありますが本日は「ヘナとインディゴの
完璧な二度染」の話でいきます。



それではヘナで染めると
必ずインディゴで染めなければならないと
考えているのは間違い。



インディゴで再度染めるかは
その人の気持ちだけ。



要するにヘナで染めた色を
どう感じるのかってことだけど
白髪の量がどのくらいあるのか。



白髪が少ないときに
インディゴで染め直すと
本来の髪の色よりも黒くなる可能性も、、。



まぁ、ヘナとインディゴの白髪染めを
理解していれば分かることです。



結論からいうとヘナで染めた後に
インディゴを使うのはその人の気分、

要するに白髪が少なければ
オレンジ色は気にならない、

白髪が多くなるとオレンジ色の量も
増えるので髪が明るく見える、

その状態をどう思うのかだけです。



明るく染まっているのが好きならば
インディゴを使う必要はないのです。




僕の場合いきなりインディゴを使うよりも
白髪の多い部分だけをインディゴで
染める方法をすすめています。





ヘナ染め

f:id:bauhaus-s:20220414085814j:plain

白髪が90%だとこのように見える、、が
本人は気にしていない、


ただ今回は子供の卒業式に合わせて
ヘナとインディゴの二度染。





f:id:bauhaus-s:20220415085329j:plain

インディゴにヘナを5%混ぜる





f:id:bauhaus-s:20220414090436j:plain

まだ発色が完璧でないのが
インディゴの特徴、

この後2日程かけて色味が深くなる
、、、はず。



発色を促進させるには
この後自宅に帰ってから霧吹きなどで
湿らせる、、、

乾いたらまた湿らせる、
特に分け目あたりは念入りに。


それを5〜6回ほど繰り返すのがコツ。



または髪を洗ったらすぐに乾かさない
30分ほどそのままに、

その時にも分け目には時折
霧吹きで湿らせると発色が良い。



実は自分の髪で試したことが無い
(白髪が生えていないので)が
実験用に毛束では何度も試しています。




これらの事が面倒だと思う方に、
天然の草で髪を染めようとしているのですから
自分に都合よくはいきません。

でも、天然の草に自分が合わせる、
そこから得ることは計り知れません。





黒髪染め


f:id:bauhaus-s:20220415085528j:plain


白髪はオレンジ色に染まります。




f:id:bauhaus-s:20220415090136j:plain

ヘナとインディゴの二度染ですが
ゲストの希望は黒髪染め、

髪が赤いなんて許せないようです。



こちらで使っているインディゴは
インディゴ:ヘナが8:2の配合、



理由ですか、、、

染める間隔やヘナ歴、髪質などを
考えてですが

ヘナとインディゴの関係を
理解している美容師なら常識の範囲。


黒染めだからといってインディゴ単品とは
限りません。






長野と上田でヘナのことでしたら

hair, shop Bauhaus まで


予約、問い合わせは
026−228−5228

美容師になったらシャンプーの毎日だった

前回からの続き

美容師になってシャンプーを覚えた時から
僕のシャンプー人生が始まる、

オーナーに言われた言葉
「シャンプーで指名を取れれば一人前」の
言葉を丸呑みにしシャンプーに励む毎日、


ようやくひと月に10人程度だけれど
シャンプーで指名が取れるように。



シャンプーができるようになると
次に覚えるのがワインディング、

パーマのロットを巻くヤツです。


ただ巻けば良いのではなくて
巻き方があり60本を20分以内に
巻かなければならない。


ともかく練習あるのみだが
どうしても巻けない、

店には15人ほどの先輩スタッフがいて
それぞれのロットの巻き方を見ていると
大まかなところは同じだが
微妙に違いがあることに気がついた。



技術を手とり足とり教えてくれる
時代ではなかったので
親切そうな先輩に教えてもらうことに、

その女性先輩は同じ年齢だったので
聞きやすかった(同い年だけど
僕は3年遅れ)。



その先輩女子は丁寧に指導してくれたが
実はただの親切心ではなかったが
この話はまたの機会にでも。



その先輩の指導で何とかコツを掴むことができ
あとはヒラすら練習あるのみ
店の営業が8時頃に終わり
それから深夜まで練習する日が続く。


日頃僕をよく思っていないはずの店長が
深夜まで残って練習をしている事を
知っていたようで
お客様のパーマを少しだけなら
担当してもよし、と言われた。



だけれど少し上の先輩から釘を刺される、


要はその先輩たちは自分が行ってきた事を
押し付けようとしていたのだ、

「私たちがやってきたのでから
あなた方新人も同じようにやりなさい」って。



聞き流すのもシャクだったから
それ以上に事をやってやろうと思い
1日に最高で48人のシャンプーをして
翌日の用意も全てこなしてやった。




数をこなすと疲れてくるので
手を抜くようになる、

その手抜きとは
シャンプーの手順を端折るのは
本当の手抜き、

これは技術の上達につながらない。



ここで言う手抜きは
余分な力を抜くことで頭皮への
あたりが良くなるようです。



これはシャンプーだけでなく
他の技術にも言えることですが
例えば10分でカットする方法を
覚えるのではなくて

ひたすら反復練習をして余分な事を省き
結果10分でカットで来るようにする。



まぁ、今時の美容は初めから短時間で
こなす方法を教えてしまいますからね。


それが店の為だというが
美容師の為にになるのかは分からない。



美容室でシャンプーは新人と仕事、

シャンプーの次は
パーマのロットを巻いたり
カラーを塗るアシスタントに昇格するのだ。


アシスタントとは
スタイリストの指示で
カット以外の技術をするのだが、、、

どこまで行ってもシャンプーを
続けることになる、、、つづく。




美容師になって1年を過ぎた頃の話だが
どうも僕の美容人生にシャンプーは
切り離せないようです。

f:id:bauhaus-s:20220409192515j:plain
夜桜


長野の文系美容師のブログはこちらでも

bauhaus-s.net




長野と上田でヘナのことでしたら

hair, shop Bauhaus まで


予約、問い合わせは
026−228−5228

シャンプーをしない方が髪は傷まない

美容師になるまではシャンプー剤なんて
気にしたことがなかった、

高校生の頃などシャンプーなんて
エメロンかバスボンくらい、

それが今はでドラックストアには
何種類ものシャンプーが並んでいて
美容師の僕が見ても違いが
分からないほどです。


髪のダメージ用シャンプーって

髪のダメージは毛先を中心に起こる、

髪は根本から押し出されれて伸びる、

1ヶ月に約1,3センチってことは
肩にあたる長さだったら
毛先の部分は2年ほど前の髪、



毎日シャンプーされて
ドライヤーで乾かされて
カラーなどしていたら毛先のダメージは
計りしれない。



髪のダメージはキューティクルが
剥がれることで中のタンパク質が
出てしまう、

要するに髪の中がスカスカな状態になること。



スカスカな毛先はパサつき
まとまりが無くあちこちにはねてしまう。



それを補うためには
毛先にオイル分を付けることで
重たくなりまとまったような気がするのは
その日だけのケアだから、

ダメージが直っているのではありません。




ダメージケアのシャンプー

ダメージケアに効果があると言う
シャンプー、トリートメントは
髪のダメージが修復されるのか、


まぁ、冷静に考えると
シャンプーの目的は髪の汚れを
落とすのhが目的のはずで
ダメージを修復するものではない。


まぁ、シャンプーで髪の
ダメージが治ったら苦労しません。



それよりもシャンプーをする回数を
減らした方が髪に負担が少なくなるはず、


自ら試したことだけれど
毎日シャンプーをしない方が
ダメージが少ない気がする、



正確には
ダメージの進行が遅くなる気がする。



まぁ、比較が自分の髪ですから
誰にも当てはまるとは限りませんけど
カラーもシャンプーをしない方が
退色が少ないのは事実。



そうは言っても

今の日本人は毎日シャンプーをすることが
習慣になってしまっているから
できるだけ習慣で
シャンプーをしないように
話をしているが

なかなか受け入れてもらうのは
難しいのが現実です。


そこで提案があるのですが、、、
その話は
次回に続、、、ってことで






f:id:bauhaus-s:20220321205716j:plain

髪をカットするとかヘナをするなど
美容の行為をする時に必要なのが
シャンプー、

自宅でシャンプーをする事とは
若干ですが意味が違うことを
知ってますか。




その話を始めると800字は
必要になるのでまたの機会に。


ヘナをする上で相性が良いシャンプーは
当然ですがあります。





長野と上田でヘナのことでしたら

hair, shop Bauhaus まで


予約、問い合わせは
026−228−5228

シャンプーは技術で勝負だ

シャンプーで指名を取る

以前はどうして美容師になったのかと
聞かれたが
最近はいつまで美容師を続けるのかと
聞かれることが多くなった。



まぁ、僕の年齢を考えれば
これから20年も続けられるとは
誰も思っていないからでしょうね。




** 真夜中のラブレター

僕は高校を卒業してすぐではなく
21才のときに美容師になった。



当時は他の仕事から転職して
美容師になるヤツらもいたので
珍しくなかったが

ストレートに美容師になった人よりも
2〜3年遅れているので先輩は年下ばかり。





この業界、実力がモノを言うので
年齢は関係ない、

早く入って技術を覚えたほうが
有利な世界です。


当然男女差など皆無。



美容師が最初に覚える技術はシャンプー、

最も美容の技術はほとんどが
シャンプーから始まるので
最初に覚えなければならない。



美容室に入って何の技術も出来なければ
ただ立っているだけか
掃除をするくらいだから
店長から「明日からシャンプーに入ってよし」と
言われた時は嬉しかったのを覚えている。



これでやっと美容師としてスタートだ、

その時に美容室の先生
(美容室では一番偉い人を
先生と呼ぶ風習がある)から

「シャンプーがうまいヤツは
カットも上手になる」と言われた。


そうかシャンプーが上達すると
カットが上手くなるのか、

何の根拠があるのかと考えることもなく
ひたすらシャンプーに励む日が続く。



そんな時に言われたのが

「シャンプーで指名を取れるのが
本当の美容師だ」


美容業界など全く知らないで
飛び込んだものだから言われた言葉は
そのまま受け取っていた。



それからというもの
どうしたらシャンプーで指名を
取れるのか、、


そればかりを考えてシャンプーをしていた。



しかし店長からはよく思われていなかった
気がする。



店は昼食も取れないくらいに忙しいくて
シャンプーは新人が担当する仕事ですから
ともかく数をこなさなければならない、

その忙しさに新人が辞めてしまう
なんてよくある事だから
残った新人でお客さんのシャンプーを
全て担当することになる。



忙しい、人がやめる、さらに忙しい、

そんな状況でシャンプーの指名を
取るにはともかく丁寧な技術を心がけ
気を配る仕事をすればするほど
数をこなしたい店長の怒りを買う。

「忙しい時にタラタラと
シャンプーしてんじゃねぇ、」ってね。



それならば最初に
本日のシャンプーは時間厳守でって
朝礼で指示すれば良いのに、、、。



まぁ、僕としたら店長の評価よりも
シャンプーで指名を取る方が
仕事のテンション上がりますからね、

シャンプーを数こなして
売り上げ上がって評価が上がるのは
店長だけですから。



こんな感じが美容師になって
3ヶ月の頃でした、

この続きはまたの機会にって事で。



美容室で最初に覚えるの
がシャンプー技術です。

って事は
ひとりーズ美容室の僕が
一番熟練している技術はシャンプーに
なりますね。




技術はこれで終わりが無いというけれど、

今だにシャンプーをしていると
考える事はあります。



シャンプー剤選びも大切だけれど
どの様にシャンプーをするのかが
最も大切でしょうね。






f:id:bauhaus-s:20220321210056j:plain

白髪染め、、、ではありません
ヘナのくせ毛ケアです。






f:id:bauhaus-s:20220321205716j:plain

シャンプー剤はこれだけ、
あとは技術で勝負です(笑)




長野の文系美容師のブログはこちらも

bauhaus-s.net






長野と上田でヘナのことでしたら

hair, shop Bauhaus まで


予約、問い合わせは
026−228−5228

パーマをかけると髪が染まる

美容室でヘナをリクエストしたら
「ヘナは白髪がなければ意味がない」
と言われた、

それは本当でしょうか。



まず考えるのは
美容師がヘナをどのような位置づけに
しているか、、です。



その前に
パーマをすれば同時に髪も染めれます、、、

なんてことはムリなことは
誰でも分かるように

髪を洗うのはシャンプー剤で
染めるのはカラー剤。



美容室で使っている薬剤は
使用目的が決まっています。



美容室の基本的メニューって

カット、カラー、パーマは美容室の
スタンダードメニューです。

その他にサロントリートメントとか
スパなど髪のケアや

リラクゼーションを演出する
サイドメニューがある。

ま、回転寿司のようなイメージですね。




それではヘナと言うと

ほとんどの美容室では
サイドメニュー的な扱いになっている。




カラーメニューの端っこに
ヘナと表記してあって、、
言ってみればメニュー表の
余白を埋めるためだったなんて事も
ありえるでしょうね。




サロントリートメントにしても
ヘナがメインじゃなくて

色々あるトリートメンメニューの
ひとつ、、、。



この様にヘナをどの様な
位置づけにするかは
その美容室の考え方で決まります。



天然成分100%のヘナは
賞味期限が薬剤ほど長くないのも
事実ですから扱う頻度が少ないと

ヘナが劣化してしまう、、、
なんて事も起きるかもしれません。


ま、使っているヘナが
「何ちゃってヘナもどき」の様な
薬剤配合系ヘナでしたら
そんな心配は無いでしょうけれど。




ようやく本題に入ります。

「ヘナは白髪がなければ意味がない」と
言うのはそこで扱っているヘナは

化学染料を配合したヘナかもしれない
(HC染料を配合したヘナと
ジアミンを配合したケミカルヘナ)。




天然成分100%のヘナであれば
白髪を染めるだけ出なく
他にも色々な恩恵を得ることができ、

それが天然成分100%ヘナの特徴。



他に考えれるのはその美容師さんが
ヘナをよく知らないのかもしれない。



言っておきますが
ヘナを知らないことを
批判しているのではありません、


むしろ経験が少ないのに
知ったかぶりをする美容師に
ゲストが迷惑を被りので

知らなけれが知らないと
言えば良いだけの事。




美容の技術は全て美容学校で
習うと思っている方が多いようです。



しかし美容の技術は
美容室に入ってからが始まる。


自分がいる美容室にヘナがなければ
知る事も経験する事もできないのです。


美容の技術は多岐に渡るので
どれを選択するのかは
美容師次第ということになります。




まとめ

ヘナが天然成分100%でも
何ちゃってヘナもどきでも
そのヘナが良いとか悪いということは
ありません。


扱うのは人、

扱う美容師次第で決まるのです。



僕は色々な技術をするよりも
ひとつにこだわりたいので

メニューはヘナだけにしています。




そう言えば、、、かなり以前に
「パーマをかけると髪が染まる」、、
ありましたね。

しかし気がついたら消えていた、



ハナヘナ 白髪染め


f:id:bauhaus-s:20220314220511j:plain

生え際にチラホラ白髪ですが
後頭部に白髪の束が、、、


推測と経験から、、、
ストレス性ではないか、、。



ま、統計を取っているわけでは
ありませんので
何とも言えなのが事実です。


でもね、、、
最近この様な白髪が多い様な
気がする。


もしかすると新コ〇ナで自粛が
原因かも、、、なんてね。




f:id:bauhaus-s:20220314220552j:plain


ヘナは脱色しないが
髪質で明るく見える事もあります。


ちなみにこの方は癖毛でもあります。




長野の文系美容師のブログはこちらにも

bauhaus-s.net






長野と上田でヘナのことでしたら

hair, shop Bauhaus まで


予約、問い合わせは
026−228−5228

白髪染めは黒だと思い込んでいる

白髪染めは茶色か黒に染まるのが
当たり前と思っている方に、

ケミカルカラーや香草カラーのような
人工色素を使っているカラー剤に
茶色と黒色は存在しません。



顔料で茶色を作るには
オレンジ色(橙色)に黒を混ぜる、

黒色が濃いとダークな茶色で
薄い(灰色)と明るい茶色になる。



カラー剤などの人工色素は
赤、青、黄を混ぜて濁すことで
黒色を表現します。


ちなみにカラー剤で
黄色と表記されているがティントは
明るい緑色。




その例に夏休みなどに高校生が
髪を脱色して黒髪に戻す時に
市販の白髪染めを使ったら
髪が昆布みたいな色になった。


経験ある人もいると思いますが
3色混ぜる時の黄色の変わりに
緑色を使っているからでしょうね。




それでは本題に戻しますが

髪を染めるのは
絵具で色を混ぜるような訳には
いきません。



ケミカルカラーならどんな白髪染めも
できると考えがちですが
白髪をしっかりと染めるには
赤系の6トーンくらいでしょう。



なぜ赤系なのか、、、
実際に染めてみれば分かること
黄、青系では白髪が
染め損なった様にしか見えません。



この話を続けると800字ほど
必要ですから機会がありましたら。



白髪をしっかりと染めると
どうなるのか、、、

その日は気分が良いでしょうけれど
1ヶ月もすれば髪は1.3センチほど伸びる。


すると根本の伸びた部分と
染めた部分がくっきりと分かれますね。


オサレ染めならプリンですが

白髪染めだと

染めた色、白髪、黒い髪の
3色になってしまいます、
3色プリンですね、、。




これを解消するには
3週間間隔で染めるか白髪をガマンする。



最近は白髪を黒髪に近づける
染め方じゃなくて

残っている黒髪を明るく染めて
白髪に近づける様な染め方も
あるようです。



このように白髪は完璧に染めると
伸びた時が気になる、

じゃ、ぼかすように
染めれば良いのか、、、って
思うかもしれないけれど

ケミカルカラーだと
染め損ないに見えるでしょうね、




髪を染める染料は
絵の具ではありませんので。



白髪を気にして
染める頻度が増えれば
髪のダメージも増える、

そこで髪のダメージを
軽減するためにと
トリートメントを進められた経験
あるでしょう「カラーをすると
髪が痛むのでトリートメントを
どうですか?」って。


ここでサロントリートメントの
是非については語りませんが、



ここでやっとヘナの話に、、、

ケミカルカラーの白髪染めが
無傷ですむほど虫の良い話は
どこにも無くて白髪を染めるほど
髪のダメージは深刻な状況です。

頭皮への干渉も相当あるでしょう。





問題は一度ダメージを負った髪は
二度と元に戻らないこと。



だったら、髪と頭皮に
負担をかけない天然のヘナ染めを
選択するのはいかがでしょうか。



天然のヘナはオレンジ色に白髪が染まり

そのオレンジ色が気になるようなら
インディゴでオレンジ色を消して
ダークブラウンになります。



他にはヘナとインディゴを混ぜて
染める方法もあります。



ヘナ染めは色味が少ないとか
一度ではしっかりと染まらない、、、

など言われるけれど
髪にダメージを与えることが
無いことを知っていますか。



美容の技術で髪に負担をかけないのは
天然のヘナだけでしょう。



しかし白髪は黒く染めるのが
当たり前と思い込んでいる方、、
一定数いるのは事実。




そのことについて否定するつもりは
ありませんがヘナ染めは
黒くも染まらないし短時間で
染まらない。


時間もかかる、
白髪が黒く染めれない、

そんなヘナで髪を染める必要が
あるのかと思う方がいても
不思議ではありません。



でもね、

そうやって誰でも簡単に短時間で,、等を
追求してきた結果起きたことは
髪と頭皮のダメージの深刻さでしょう。




そんな思いをしてまで
薬剤を使った白髪染めをする必要が
ありますか。




ヘナが染める色が少ないと言っても
ケミカルカラーだって染めれる色
は決まっている。


時間の問題と準備に関してヘナは
面倒と言われてしまそれまでですが。



まぁ、それが面倒ならばヘナ染めに
手を出さない方がよろしいかと、、、。



髪のダメージを気にするのは
ヘアスタイルの幅が広がらないからです。



僕のカットスタイルは
ドライカットなのでその良さは
髪の健康が必要だから。






ハナヘナ白髪染め

f:id:bauhaus-s:20220304090520j:plain
ハナヘナ

白髪は頭頂部にポツポツ程度、
カラー剤の刺激が我慢できなくて
ヘナ染にしました。


ヘナ染に変えて一番良かったのは
髪のクセが落ち着きまっすぐな髪質に
見えるようになったこと。


ちなみにこのかたの来店頻度は2ヶ月です



f:id:bauhaus-s:20220304090649j:plain
ハナヘナ



長野の文系美容師のブログはこちらでも

bauhaus-s.net






長野と上田でヘナのことでしたら

hair, shop Bauhaus まで


予約、問い合わせは
026−228−5228



#長野市ヘナ #ハナヘナ #ヘナ白髪染め #ヘナ染め
#長野市ヘナカラー #長野の文系美容師 #バウハウス

頭皮をこすらないシャンプー

美容師になって最初に覚えるのが
シャンプー(僕らの時代は
ブラッシングでしたけど)の技術。



大きな美容室はシャンプーを担当する人と
カットをする美容師は違うけれど

僕の様なひとりーズサロンの美容師は
すべての技術を担当している。



ここで言っておきますが
分業性の美容室を批判しているのでは
ありません、

僕だって最初は大きな美容室に入り
技術を覚えたのですから。



その美容室で最初に言われたのが
「シャンプーが上手になると
カットも上手くなる」でした。

そうか、、、

シャンプーを頑張って上手になれば
カットが上手になるのか。

って本気で思い
ひたすらシャンプーをしていた。




事実、どちらの技術にしても
何も考えないでやっていると
進歩が無いことに気がつきました。


最初の頃は頭皮をゴシゴシ、

ひたすらゴシゴシするのが
良いシャンプーだった、
「痒いところなどありませんか」ってね。



ところが時代が変わると
今までは良いとされていた事が
よくない事になってしまう例もある。



頭皮をゴシゴシしないシャンプー

美容業界でも昭和の常識が
平成頃から非常識になった事のひとつに
シャンプーがあります。



それではシャンプーの何が
変わったのか、


それは頭皮をこする行為でした。


シャンプーは頭皮をゴシゴシして
皮脂を取り去るのが良いとされた。



しかしシャンプー剤をつけて
頭皮をこする事に何の意味もなかったのです。



頭皮をこすることに弊害があっても
利点は無し、
例えばフケで困っていたとしましょう。



大概の場合はシャンプー剤を使わず
湯でしっかりと流していれば
フケは止まる。



シャンプー剤を使う場合でも
頭皮にはつかないようにして
髪だけを洗っていればフケはおさまる、

要するに頭皮を刺激しないように
シャンプーをするようになったのです。





僕の美容室はヘナ専門店ですが
ヘナを流す時には頭皮を
ゴシゴシしないように
優しく洗うようにしている。



頭皮についたヘナを落とす事が目的で
こする事が目的ではありません。



ま、天然のヘナが頭皮に残ってとしても
問題はないけれど

今までヘナを髪や頭皮に塗ることなど
経験しなかった人にヘナをしたら
湯で流すだけでは、、、

ハッキリ言ってハードルが高い。



僕は徐々に慣れてもらうために
最初はシャンプー剤を使って
頭皮を優しく洗うようにしている。



頭皮をゴシゴシするだけが
シャンプーじゃないってことですね。




ゆるいシャンプーの効果ですか、、、

血行くらいは良くなりますけど
多くを期待しないでください
気持ちが良いだけですので。




もしかしたら

時代が変わると今のことだって
非常識になるかもしれませんね。




f:id:bauhaus-s:20220222221839j:plain

最近お気に入りのシャンプー、
泡立ちが良いので汚れを包み込んでくれる。



f:id:bauhaus-s:20220222222152j:plain[f:id:bauhaus-



f:id:bauhaus-s:20220222222205j:plain




f:id:bauhaus-s:20220222222222j:plain


ハナヘナ の白髪染め、

ヘナは白髪を染めるだけが目的ではなく
髪の悩みを解決してくれる事が大きい。


このゲストは毛先がピンピンしてしまい
まとまりが悪いのが悩み、

直毛すぎるって事ですね。



ヘナをする事で髪質が変わった様だと
言っていました。


ヘナは手段のひとつ、
目的にあったヘナの方法があります。





長野の文系美容師のブログはこちらでも

bauhaus-s.net





長野と上田でヘナのことでしたら

hair, shop Bauhaus まで


予約、問い合わせは
026−228−5228



#長野市ヘナ #ハナヘナ #ヘナ白髪染め #ヘナ染め
#長野市ヘナカラー #長野の文系美容師 #バウハウス

伸びた部分はカラーのリタッチ、毛先はヘナでケア

岸田政権になって3ヶ月ほど、、、

人の話を聞く力があると言っていた
岸田総理ですが新型の風邪ウイルスに対しても
ワクチンやマンボウ、、、

全てにおいて あちこちの話を
聞いているのでしょうか。



いろいろな意見のいいとこ取りをしようとして
ぐちゃぐちゃになっている様にしか思えない。

ま自分たちが選んだ総理ですけど、、、、



言っておきますが政権批判をしているのでは
ありません。

本日にテーマが「いいとこ取り」ですので。





ケミカルカラーとヘナのいいとこ取り

くせ毛伸ばしの縮毛矯正をして髪が
サラサラになったからといって
トリートメントとは言わないでしょう。



このように薬剤には髪を明るく染めるとか
クセを伸ばす、、、など

それぞれ目的を持って作られている、



しかし天然のヘナは髪を染めるものでも
ケアするために自生しているのではありません。

人が勝手に自分の都合で使っているだけです。



ヘナの成分のナフトキノンは
髪のタンパク質につきやすい性質で
オレンジ色に発色しながら同時に
髪の強化に効果があります。



強化っていうと硬くなるイメージだが
天然成分のヘナはゴムの様な弾力があるのです。





ちなみにサロントリートメントは
やりすぎると髪が硬くなりますからね。


要するにヘナは白髪を染めながら
トリートメントができるということですね。



しかし染めることを目的にするのか
髪のケアを目的とするのかで
ヘナの扱い方が違んですよ。



どこが違うのか、、、それは
使うヘナの量とか放置する時間。



特に縮毛矯正やカラーのやり過ぎによる
ダメージがキツイ髪は要注意。



どう注意するのかって、、、

ヘナをたくさん扱っている美容師ならば
カンタンに分かることです。






薬事とヘナの同時施術


伸びた部分はケミカルカラーで
中間から毛先のダメージが気になる部分は
ヘナでケア、


狙いは分かるけれどケミカルカラーと
ヘナを同時施術ではヘナの効果が
どれだけあるか疑問だ。



ケミカルカラーとヘナの同時施術を
いけないと言っているのではありませんので
そこを勘違いしない様に。



実はケミカルカラーの放置時間と
ヘナの放置時間は違うのです。


ケミカルカラーはおおよ20〜30分ほど、
ヘナは約40〜50分ほど必要です。


カラーを塗り終わってからヘナを
塗るわけですから急いでも
10分くらいはかかるので、、、

ってことはヘナを放置できるのは
15分ほどでしょうか、、、。

髪にケアであればせめて
30分は放置したいところです。




この様に天然のヘナの特性を考えると

ケミカルカラーと同時に背術するよりも
別々に行ったほうが良いでしょうね。



言っておきますが、、、

やってはいけないのではありません。


別々に行ったほうが効果があると
効果があると言っているだけです。



ま、チャチャっと扱ってその時だけの
ツヤなんかを求めるのならば
サロントリートメントのほうが
手取り早いのは事実です。



ハナヘナ は続けることで
髪のクセがまとまりやすくなる、
自分本来の髪が戻ってくるなど
その効果は計り知れません。

でも効果を感じるまでには
3ヶ月ほどかかりますが続けることで
髪本来のツヤと弾力を取り戻します。



本日のテーマは薬剤と天然のヘナは
扱い方が違うってことでした。




f:id:bauhaus-s:20220212193404j:plain


明るい髪が好きだったので
ハナヘナ はケアで、

当然カラーとヘナは別の日です。



しかし最近、、、
白髪が気になりだした、

髪いのボリュームがなくなってきた事を機に
ヘナ染めに変えたのです。



f:id:bauhaus-s:20220212193756j:plain




f:id:bauhaus-s:20220212193940j:plain

カラーからヘナ染めに変えて3回目、

毛先が絡まなくなった事とツヤが
良くなったかな。


まだこれからだけど髪は必ず元のツヤと
ハリを取り戻します。



長野の文系美容師のブログはこちらでも

bauhaus-s.net







長野と上田でヘナのことでしたら

hair, shop Bauhaus まで


予約、問い合わせは
026−228−5228



#長野市ヘナ #ハナヘナ #ヘナ白髪染め #ヘナ染め
#長野市ヘナカラー #長野の文系美容師 #バウハウス

シャンプーは頭皮をゴシゴシしてはいけない、髪を洗え

ヘナに合うシャンプー

美容室で最初に受ける技術が
シャンプー、


シャンプーが別料金の場合を省きますが
何をするにもシャンプーから始まる。



本日は美容室でのシャンプーの話を
美容におけるシャンプーとは
髪の汚れを落とすのが目的のはずが
なぜか頭皮をこすっている。




その証拠に「痒いところはありませんか」と
シャンプー中に聞かれますよね。

という事は

頭皮をこする事がシャンプー???
何か矛盾を感じませんか。



シャンプーって髪を洗うことでしょう。




美容室でパーマの前にシャンプーするのは
髪の汚れを落とす事で薬剤の浸透を助ける、

カラーやパーマの後のシャンプーは
髪に付いた薬剤を落とすためです。




それでは美容室のシャンプーは
髪を洗うことが目的のはずが
なぜ頭皮をこするのでしょうか。




多分どこかでシャンプーとは
頭皮をこするのもだと刷り込まれて
しまったのでしょうね、

「頭皮の油は育毛の敵だ」の様にね。



皮脂は頭皮を守るだけでなく
髪のキューティクルを保護する
役割があるんですけどね。


皮脂を敵扱いするのは
いかがなものでしょうか。




ま、頭皮をこするのではなくて
髪を洗うのがシャンプーの目的です。




シャンプー剤にこだわらない

美容室のシャンプーは汚れを
落とす事が目的だからシャンプー剤に
それ以外の効能、、、

例えば育毛だとか保湿成分なんてのは
必要が無い、、、

むしろシャンプー剤で毛が
生える訳ないでしょう。





シャンプーは髪を素の状態にすることで
薬剤の浸透を促進させるのです。




そしてアフターシャンプーは
髪についた薬剤をしっかり落とすことが目的。



薬剤が髪に残るとダメージにつながりますからね。




要するに
落とすことだけに特化したシャンプーが
ベストです。





シャンプー剤の成分を気にしない

シャンプー剤の成分よりも技術が
大切だと僕は考えています。



昭和の頃の様に
「痒いところはございませんか」なんて
聞かないが頭皮は丁寧に洗う、

もちろんゴシゴシこするのではなく
頭皮に軽く圧をかける要領で
ていねいに洗うのです。





力任せにこするよりも力を抜いて
マッサージする様に洗うと
気持ちが良いものですよ。




その効果ですか、、、、
特にありませんが、
気持ち良いだけですけど。



まぁ、血行は良くなると思いますが
そちらを求めるのならば
頭皮のスパをオススメしますけど。



これでは言っていた事と違う、、、

なんて思うかも知れないが
話は最後まで聞いてください。


ヘナ専門店ですから頭皮や髪に残った
ヘナを落とすためにシャンプーをする。


通常のシャンプーでは
頭皮をこすったら終わり、

あとは流すだけで髪を洗ってますか?




髪を洗う時はシャンプーブラシを使う

シャンプーブラシとは
よく見かける丸いやつではありません、


あれは頭皮を刺激する時に使うもので
髪を洗うものではありませんので。



シャンプーに使えるブラシは
以前から探していてようやく見つけ
昨年の11月から使い始めているのですが

ここでシャンプーブラシの話を始めると
800字ほど必要になるのでまたの機会に
ってことで。



まとめ

シャンプーの技術を補助するための
シャンプー剤は泡立ちが良いこと、

余分な成分は入っていないこと、
しっかりと汚れが落とせる成分で
あることです。


だが、美容室のシャンプー技術は
汚れを落とせが良いってものでは
ありません、



シャンプー剤の役割は汚れを落とし
髪に何も残さないがベスト、


それではシャンプーの技術は、、、

僕は気持ちが良いことだけを心がけた
シャンプーの技術を提供します。




この話の流れで必ず来る質問は
『ホームケアで頭皮をこすって
良いのか」、、、でしょう、

その答えは、、、お好きにどうぞ






f:id:bauhaus-s:20220206193749j:plain

これがやっと見つけたシャンプーのブラシ、、




f:id:bauhaus-s:20220206193732j:plain
ハナヘナシャンプー

ご存知のハナヘナシャンプー、

ヘナのために成分を配合した
シャンプーとトリートメント





f:id:bauhaus-s:20220206193742j:plain

最近気に入っているシャンプーと
トリートメント、



何が気に入っているかって。。。


汚れを落とすこと、
何も残さないシャンプーだから。

まぁ、最も気に入っている理由は
泡立ちが尋常じゃなく良いところですか。





長野の 文系美容師のブログはこちらでも

bauhaus-s.net






長野と上田でヘナのことでしたら

hair, shop Bauhaus まで


予約、問い合わせは
026−228−5228



#長野市ヘナ #ハナヘナ #ヘナ白髪染め #ヘナ染め
#長野市ヘナカラー #長野の文系美容師 #バウハウス

美容師になった理由なんか恥ずかしくて言えない

ジャケの〜

縁あって広島の美容ディーラーと
お付き合いを始めた。



僕の美容室はヘナ専門店ですけど
ヘナだけあればよいって訳にはいかない。

例えばヘナを混ぜるときの器とかハケ、


髪を乾かすドライヤーなど
必要なものはいくらでもある。



僕はこう見えてもこだわりが強いが
受け入れ体制もかなりある、


勧められるものは
まず試してみることにしているのです。


何事も経験、
知らないことへの興味はつきない。



今までも美容ディーラーは
差し障りがない商材がほとんどだったけど

広島の美容ディーラーときたら
「ジャケの〜」と言いなが
しょうもないものを勧めてくる。



一見しょうもなく思えるものだが
使ってみると面白い商材であったりする。




ここで言っておきますが

「面白い商材」は単に珍しくて
一発屋的なモノではありませんので。






株式会社Nakano

彼の会社の社名ですがネーミングは普通、
ここはツッコミどころではありません。




実はNakano主催で
美容のセミナーが開催されその講師が
「板坂裕治郎」

西側ではそれなりに名が知れている。




そのセミナーに招待されたのが
昨年の11月、

板坂裕治郎のセミナーは以前に
受講したことがあり機会があれば
再度と考えていたのですが
今回は広島が会場。




広島の美容ディーラー主催ですから
当然なんですが。



長野から広島ですか、、、
新幹線かそれとも、、、。



まぁ、こんな事でもなければ
広島に行く事はないだろうと
参加をすることに。



しかし年末に広島でマンボウが
適用されてしまい断念しzoomで
参加することに。



でも、、、何ですか、、、

zoomもいいんですけど
板坂裕治郎さんの生の講演
は迫力が違いますからね。

ま、次回は広島にってことで。


そうだ本題を忘れるところだった、

今回の講習の中で僕が最も受けたのが

なぜ美容師になったのか
そして「なぜ美容師をするのか
これは今まで誰にも話さなかったテーマでした。




そこで今回のテーマは
「なぜ美容師をするのか」
それについて話そうと思うが

それには「なぜ美容師になったのか」から
始めなければなりません。



それではこの続きは次回にってことで

次回にする理由ですか、、、
そろそろ電車の時間ですから

続く







中野昌洋さんのブログ、一度ご覧ください

美容師でない人から美容をみているブログです
面白いですよ

ameblo.jp




f:id:bauhaus-s:20220126203638j:plain
bauhaus



長野と上田でヘナのことでしたら

hair, shop Bauhaus まで


予約、問い合わせは
026−228−5228



#長野市ヘナ #ハナヘナ #ヘナ白髪染め #ヘナ染め
#長野市ヘナカラー #長野の文系美容師 #バウハウス

塗ったら帰るお帰りヘナが向かない人たち

お帰りヘナ

新年そうそうヘナの話が「お帰りヘナ」
これはヘナ常連者にはスタンダードな行為ですが
初心者のために説明しましょう。



美容室ではヘナのメニューは
カラーなどと同じ、塗ったら流して
セットして終了。



しかしお帰りヘナはその名の通り
ヘナを塗ったらそこで美容室での役割は
終了、、、、
その後は自己責任で流して乾かす。




お帰りヘナは美容室の滞在時間が短いことが
最大のメリットです、

だからといって料金が抑えられる、、
という点については美容室次第です(😁)






「お帰りヘナ」が向かない

これはゲストから聞いた話ですが

初めてのヘナ、 もしくは
ヘナの経験が少ない頃に美容室で
ヘナをしたら「ヘナは自分で
流していただきます」と
塗ったら有無を言わせず帰らされた。



ヘナは長時間放置しなければ
効果が出ない、、、というのが
理由のようでした。



それは間違いではないけれど
ヘナの常連者であればよいが
初心者には難度が高い技になる可能性があります。




ヘナの放置時間は長い方が良いのか、、、
って話を始める前に
長時間放置すると何が良いのか、

どんな効果が得られるのでしょう。





その前にヘナの目的が白髪染めなのか
髪や頭皮にケアなのか、

髪のダメージの度合い等でも
放置する時間の考慮が必要だったりする。



ま、この様にヘナは長時間放置すれば
何でもOKではありません。



例えば、初めてヘナを希望する人に多いのが
髪のダメージのケアだったりする。



特に縮毛矯正をしていたり
定期的にカラーをしていた髪に
長時間のヘナはトラブルの原因に
なりかねない。



ヘナは「長時間の放置が良い」のは
間違いでないけれど正解でもありません。


時と場合、髪の状態からの判断が必要ですから

「お帰りヘナ」はヘナを専門で行なっている
美容室で相談してからをおすすめします。




バウハウスでは3〜4回ほど経験し
ヘナがどんなものかを実感してから
希望があれば「お帰りヘナ」をしていますが

髪の長い方やダメージが強い方には
おすすめしていません。



お帰りヘナに向く人

髪のダメージが無い、
髪の長さが肩より上、
3回以上は美容師でヘナをしている、
次が最も大事なことで 
体調が良い日を選ぶ。




植物は体を冷やす効果があるので
体調が優れない日はやめる。


無理をしないってことですね
(信州のこの季節は冷えるので
お帰りヘナはおすすめしていません)





白髪染めだけでなく髪や頭皮の
ケアの効果が期待できるのが天然のヘナ、

でも大切なことはヘナに合わせること、
天然の植物は人の都合良くは行きません。


人がヘナに合わせていくことで
多大な享受があります。






長野の文系美容師のブログはこちらも

bauhaus-s.net





f:id:bauhaus-s:20220120090911j:plainf:id:bauhaus-s:20220120090917j:plain
成人式

普段はヘナとカットの専門店ですが
成人式の着付けとヘアです







長野と上田でヘナのことでしたら

hair, shop Bauhaus まで


予約、問い合わせは
026−228−5228



#長野市ヘナ #ハナヘナ #ヘナ白髪染め #ヘナ染め
#長野市ヘナカラー #長野の文系美容師 #バウハウス