ヘナとインディゴは違う植物

 

 

ヘナの白髪染めに本気で取り組んでいる

長野の文系美容師 ハナヘナ専門店バウハウスの

傳田(デンダ)がヘナを語ります

 

 

 

 

もしかしたらヘナは美容師よりも

一般の素人の方の方が知っているような

気がする。

 

 

美容に技術はカットだけでなくカラーとか

そのカラーも色々な方法や薬剤があったり

他にもトリートメントなど常に

新しい商材と技術が出てくるが、、、、

 

美容師くん達ときたら

自分が好きな技術を追求するより

これをやれば儲かる、、など

売り上げが上がる方へと

あっちに行ったりこっちに行ったりと

している姿が目に付く。

 

 

まるで

東京オリンピックのマラソンのように

東京かと思ったら札幌、

 

北方領土、、なんて話もあったような。。

 

 

建前は選手ファーストと言っているけれど

本音はどうでしょうね。

 

 

 

それにしても

ヘナに興味がある美容師は

少ないようです。

 

 

 

 

何度も言っているけどヘナはカラー剤ではない

ヘナを間違える原因のひとつとして

ヘナをカラー剤と同じように

考えているようです。

 

 

カラー剤は髪を染めるために

作られている薬品だから明るさ、

色味がそろっている、

要するに明るい色からダークな色まで

そろえてある。

 

 

しかしヘナは一つだけ、

人が薬剤を混ぜたりしなければ

天然のヘナの色素はオレンジ色です。

 

 

 

白髪がオレンジ色に染まるのが

特徴ですが

そのオレンジ色を消して

茶色に変える時に使うハーブに

インディゴがある。

 

 

 

インディゴはヘナと違って種類が

あるけれど

ここではその説明はまたの機会にします、、

理由ですか、、、

それを書き出すと長くなるからですが

、、、何か?

 

 

本題に戻します。

 

 

 

本来ヘナはひとつだけれど

インディゴというハーブを使うことがあり

これをヘナと思ってしまう人が

いるようです。

 

 

 

ま、素人が分からなくても

何の問題もありません、

 

ヘナとインディゴを理解していない

美容師くんもたくさんいますから。

 

 

 

ヘナとインディゴで

白髪を染めるときの最強の方法が

二度染め、

 

ヘナで染めていったん流してから

インディゴで再度染める方法です。

 

 

 

その他にヘナとインディゴを混ぜて一度で

染める方法もあります。

 

 

その時のヘナとインディゴの配合で

ヘナ:インディゴが4:6だと

ハーブブラウンと呼び、

2:8の割合だとハーブマホガニーと

呼ばれている。

 

 

 

どうもこの呼び方、

「ハーブブラウン」とか「ハーブマホガニー」が

間違いの原因のような気がする。

 

 

それは、

ブラウンとかマホガニーは

カラー剤のブラウンと同じと

思っている方がかなりいるようです。

 

 

皆さんが想像しているブラウンは

カラー剤とか顔料で

人が人工的に作っている色味、

 

しかし天然のヘナは

インディゴと混ぜているだけですから

人が思っているような色には

なかなか染まりません。

 

 

 

それにハーブブラウンやハーブマホガニーは

ヘナとインディゴを混ぜているので

正確にはヘナではありません。

 

 

まぁ、最近はそれも含めて

ヘナと呼ぶこともあるようですが

インディゴが入っているので

扱い方はヘナだけの時と違いますし

パッチテストは必須事項、

 

ヘナとインディゴは違う植物ですから。

 

 

 

 

 

ヘナだけの白髪染め

 

 

f:id:bauhaus-s:20191018185214j:plain

ヘナのナチュラル

 

 

 

 

f:id:bauhaus-s:20191018185130j:plain

 

 

 

 

 

f:id:bauhaus-s:20191009221327j:plain

 

 

 

 

f:id:bauhaus-s:20191018185233j:plain

 

 

 

 

f:id:bauhaus-s:20191016211545j:plain

 

 

 

 

長野と上田でハナヘナでしたら

 

hair・shop  b a u h a u  s

 

予約、問い合わせ

026ー228ー5228

 

長野市南石堂町 1423  奥村産業ビル1F」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チャリティーカットとシャンプースペースの開放(長野で被災された方に)

 

 

ヘナの白髪染めに本気で取りくんでいる

長野の文系美容師 ハナヘナ専門店バウハウスの

傳田(デンダ)がヘナを語ります

 

 

 

 

長野は台風の影響が少ないので

今回も風がふいて

雨がちょっと強く降るくらい、、、と

カルク考えていたのは大間違いでした。

 

 

自然は人が思っているほど

甘くないことを実感しているところです。

 

 

いつもテレビでしか見ていない光景が

目の前にある、

人生二度目のショックな出来事です。

 

 

 

 

https://www.instagram.com/p/B3oxfMEHi2c/

 

台風のつめあとでしょうか、、、

本題との関連はありません。

 

 

 

 

 

ボランティア

 

災害などが起きると

ボランティアの方々が被災地で活動したり

義援金の寄付を募る。

 

 

美容師としてこんな時に

何ができるのでしょうか。

 

 

こんな時にチャリティーカットをして

集まったお金を被災地に

義援金として寄付する、

 

カットをお願いした人も協力しているし

美容師も技術でチャリティー資金を集めて

協力している。

 

 

 

しかし考えれば

チャリティーでカットすることで

いつも行っている理容室や美容室で

カットしていないことになります。

 

それが子供のカットであっても、、

 

 

簡単に言ってしまえば

今月の理容室や美容室の売上げで

その人の分が無くなるってことです。

 

 

物を売るのと違って髪は一度カットすれば

1〜2カ月はカットをしません。

 

 

 

 

今月チャリティーでカットした後に

美容室や理容室でカットすることなど

まず無いでしょう。

 

 

チャリティーに参加することを

批判するつもりはありません、

 

しかし本来ならばいつのも店で使うお金を

チャリティーで使ってしまえば

その店の売り上げはその人の分が

下がることになりますよね。

 

 

 

美容師の技術を使って義援金を稼ぐのならば

自分の店の売り上げを寄付する方が

健全だと思うんです、

 

被災した方々にお金を届けたい、

自分ができることをしたい

その気持ちは誰でも同じでしょう、

 

 

 

 

しかし地元の小さな経済を

チャリティーという名で

横取りするのはどうでしょうね。

 

 

人を助けるには

自分に余裕がなければできないことです、

 

余裕を産むのは自分が潤っているときです。

 

 

この件についての異論、

反論は受け付けません。

 

 

 

 

 

 

今回の災害でウチの美容室は被災しませんでした、

それは「運」が良かっただけだと

思っています。

 

 

日を追うごとにいろんな現実が見えてきて

自分ができることを考えてみました。

 

 

 

被災はしていなくても

排水の制限がある地域があります。

 

髪を洗いたくても家では気が引ける方も

いるようです。

 

 

今月は店のシャンプースペースの開放を

していますので誰でも使用できます。

 

 

 

利用条件として、

自分で洗って乾かす、この一点だけです。

 

 

本来ならばお手伝いしたいところですが

予約の方で時間が取れないので

セルフでお願いしています。

 

髪を拭くタオル、

シャンプー剤、トリートメント、ドライヤーは

店の物を使っていただいて構いません。

 

シャンプースペースに限りがあるので

来店前にお電話をお願いしています

 

問い合わせ

026ー228ー5228

 

hair・shop  b a u h a u s

長野市南石堂町1423 奥村産業ビル1F

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分染める白髪染めは安全か (ホームカラー編)

 

 

ヘナの白髪染めに本気で取り組んでいる

長野の文系美容師 バウハウスの傳田(デンダ)が

ヘナを語ります

 

 

 

セルフで染めていたら頭皮がピリピリしてきた

白髪が気になり出した頃から自分で染めていた、

理由を聞いたら

「美容室に行くのが面倒」だと言うが、、、、

本当にそれだけでしょうか。

 

 

 

政治家とか先日の関西電力の方々などは

間違っても本当のことなど言わないでしょう。

 

 

 

ま、善良なお客様を政治家や何かと混同するのは

どうかと思いますが

初めての美容室で本音はなかなか言えませんよね。

 

 

美容室に行かなかった理由はさて置き

セルフでカラーの話です。

 

 

ヘナも含めて髪を染める薬剤などは

ドラックストアやネットで簡単に手に入る。

 

 

 

そしてヘナは天然で安全、

安心のイメージがあるからでしょうか

セルフで染めている方が多いような気がする。

 

 

 

それと比べて薬剤のカラーは

危険な成分を使っているけれど

色味や明るさなど種類があり使いかってが良い、

 

しかもテレビのCMなどでも

セルフのカラーの宣伝をしているので

手を出しやすいでしょうね。

 

 

 

 

 

自分で染めれるわよ

セルフのカラーと美容室のカラー、

どこが違うのかと質問されることがあります。

 

 

 

多くの人は美容室で使っているカラー剤は

「良いモノ」だと思っているようですが、、、

実は、、、

 

 

その前に、、、良いモノとはどんなモノでしょう。

 

 

一般の方が美容室で使っているカラー剤は

値段が高いと思っているようですが、

 

一人分に換算すればもしかしたら

ドラックストアーのホームカラーの方が

高価かもしれません。

 

 

 

単純に白髪を染めるだけなら

カラー剤は一本で済むけれど

染める部分で白髪の量が違うことがあるので

一本のカラー剤だけでは色ムラになる。

 

 

 

それにカラーは塗ればOKでは無く

流した後の中和剤、

 

トリートメントなど少量しか使わないが

必要な薬剤などドラックストアーでは

手に入らないモノがあります。

 

 

これらの薬事は一人分は少量ですが

ひと月使っているとそれなりの材料費に

なるのは事実です。

 

 

しかし全ての美容師、美容室が

それを使っているとかと聞かれると

少々困る、、、かな。

 

 

 

美容室の経営方針だとか美容師の価値観ですけどね。

 

 

まぁ、どちらも経費の話になりますから

どちらが良いとか悪いとは言えません、

 

それはセルフで染めることにも

つながります。

 

 

 

セルフで染めることは最も経費がかかりません、

美容師がやることを

自分で行うのですから当然です。

 

 

しかし本来ならばやらなければならないこと、

使った方が良い薬剤が使われずにいるのです。

 

 

それは髪ダメージや

色ムラ、

褪色などに繋がるのですが

とりあえず髪は染まります。

 

 

カンタンに言えばその場は染まるのです。

 

ここで言っておきますが

全ての美容師が同じことを考えているのでは

ありません、

 

染まれば大丈夫と思ってていたり

何も考えずにお客様の言いなりで

カラーをしている美容師くんはいくらでも

存在してます。

 

このような美容師くんは放っておきまして

本題に戻ります。

 

美容室で染める事とセルフで染める事に

違いがあることがあるのは

その美容師の価値観や経営方針です。

 

 

 

セルフで染めることは

悪いことではありませんが

健全な美容師が考えているカラーと

価値観が違います、

 

セルフは最小限の経費で染めれることに

価値観があるようです、

 

他人に

「カラーなんて自分で自分で染めれるわよ」と

誘うのはいかがなものでしょう。

 

セルフの価値観は

自分だけにしていただきたいモノです。

 

 

薬剤のカラーは流すときが最も危険な

状態だと思いますが

 

そこを説明するテレビなどのCMは

見たことがありません。

 

 

それではここからヘナの話になりますが

次回に続く、、、

 

 

 

 

https://www.instagram.com/p/B3lCn9tnYLq/

 

メッシュとヘナの融合、、、

ヘナで明るく染めたい時の方法のひとつです。

 

 

 

 

 

ハナへなに興味がある方、

体験したい方、

相談の来店も受け付けてます(要予約)

ヘナに興味がある美容師さんも歓迎です

 

 

長野と上田でハナヘナでしたら

hair・shop   b a u h a u s

 

予約、問い合わせ

026ー228ー5228

 

問い合わせはブログのコメントも使えます

 

長野市南石堂町1423 奥村産業ビル1F

 

 

 

 

 

 

 

 

 

癖毛と白髪染めにヘナとツーブロックとドライカット

ヘナの白髪染めに本気で取り組んでいる
長野の文系美容師 ハナヘナ専門店
バウハウスの傳田(デンダ)がヘナを語ります




リチウムイオン電池で
ノーベル化学賞を受賞した
吉野氏の話題でもちきりです。



ノーベル賞といえば
02年の小柴教授のノーベル物理学賞は

ニュートリノ、

カミオカンデ、、とまるで
何のことか聞けば聞くほど
分からなくなりそうな
分野だったのをおぼえている。





しかしこの度のノーベル化学賞は
リチウムイオン電池、
旭化成、

どれもなじみのあることですから
話を聞く気にもなるってものです。




しかも日頃使っている
パソコンやスマホの電池は
欠かせないものですが
目に見えるものでないこともあり
その存在を忘れそうになってしまう。



まぁ、スマホを新しくして
カメラ機能が〜〜とか
新機能が〜とはなるけれど

今度のリチウムイオン電池は
ここが違う〜とは思いませんよね。




見えないところにある電池だけれど
それが無ければスマホやパソコンなんて
ただの箱か容器、
お皿の変わりにもなりません。





見えない部分に秘密がある


最近のヘアスタイルに使われるテクニックで
「ツーブロック」がある。


こめかみから
バックボーン(後頭部の出っぱている部分)を
結ぶラインの下を短くカットして
その上の紙をかぶせるようにする
カットの方法、

実は以前からある技術です。



美容師になりカットの練習を始めた頃に
「ビダルサッスーン」の
カット集にのっていたスタイルでした。


「イーヤン」と
名がついていたと記憶がありますが、

それを現実にしたのが
小泉今日子さんとか
チェッカズーのフミヤ、


アラフォーの方は青春時代のなつかしい
ヘアスタイルでしょう。



当時は刈り上げた上から
長い髪をかぶせることでオサレ感を
出していた。


ツーブロックにすることが
オサレだったのです。

都内の高校で
刈り上げをした女子が増えて
「女子の短髪禁止令」が出た高校も
ありました。


いつの時代も校則はオサレを
禁止するようです。



今は刈り上げツーブロック自体がオサレ、、、
というよりも
ボリューム感を調整する等に使う
技術のひとつだ。





刈り上げにかぶせるのが目的ではなく
スタイルをよりシャープに
見せたりするために
下の髪を処理するってことかな。




同じツーブロックでも時代と共に
変化するのが技術でしょうね。



吉野氏も「今を変えるには過去を知る」と
言っていたけれど 


まぁ、
ツーブロックは美容師の分野ですから
ノーベル賞とは縁は無いと思います。


ツーブロックと呼びますか


f:id:bauhaus-s:20191011150233j:plain


仕上がりから入るのはいつのもお約束







ビフォーってやつです


f:id:bauhaus-s:20191011210210j:plain



前回は来店から50日後に予約したが
我慢できなくて予約の変更がありました。



しかし、、、
残念ながら希望する日に限って
空いてない。



現実ってこんなもんです。



しかたなく最初の予約で来店、
確かく襟足が盛り上がっているのが分かる。



f:id:bauhaus-s:20191011150336j:plain


このくらいの思い切りは必要、

中途半端な線で分けると返ってヤバイことになります。




f:id:bauhaus-s:20191011150201j:plain


逆えりに生えているので
ここはシッカリとカリカリする



仕上がり

f:id:bauhaus-s:20191011150305j:plain


ちなみに本日はヘナとカットです、

若白髪が多いので白髪はヘナで染めて
癖毛のケアも

とどめのカットはドライカットです。




f:id:bauhaus-s:20191011150132j:plain


オレンジ色に見えるのが白髪だった髪、

ヘナは白髪がオレンジ色に染まります




f:id:bauhaus-s:20191011144935j:plain



自然光で見ればヘナのオレンジ色も
気にならないのは天然の染料だからでしょう

いい感じで馴染んでます。




4年前

f:id:bauhaus-s:20190922220714j:plainf:id:bauhaus-s:20190922220656j:plain


実は以前のブログの続きでした、
4年前はこんな感じ
ヘナを続けたら髪のクセもまとまった、、、



こんな話はよくありますが
勘違いしてはいけません。



2〜3回位ヘナをしたからって
急にクセが収まることはありません。

1年とか続けてのことです。



以前のことですが
どうしてもクセを何とかしたくて
毎月ヘナをして方がいました、

結果は、、、キタイできますよ。



ハナヘナを体験した方、興味がある方、
ケミカルカラーからヘナに変えたいが
どうしたらよいか分からない方、、、

相談だけの来店も受け付けてます(要予約)



予約、問い合わせ

026ー228ー5228


相談はブログのコメントが使えます


長野と上田でハナヘナでしたら

hair・shop b a u h a u a

長野市南石堂町 1423 奥村産業ビル1F

頭皮のケアはシャンプーから???


ヘナの白髪染めに本気で取り組んでいる
長野の文系美容師 ハナヘナ専門店バウハウスの
傳田(デンダ)がヘナを語ります




40才は頭皮の曲がり角(女子)

働き方改革をしようと試みたが
どうやってもムリ、
そこで休みをひとつ増やしたのは良いが
長年しみ込んだ朝のリズムは
そう変わらない。



いつもは時計の代わりに見ていた
朝の情報番組(コメディーショウ)だけれど
いつも通りに起きてしまったので
つい見入ってしまったら

「頭皮のかゆみは、、、、」
このフレーズに反応してしまいます。




ほかの話題ならば
「そうなのか〜」ですむのですが
美容の話題に反応してしまうのは
美容師の性でしょうか。




この番組では
頭皮のかゆみは乾燥から、、、と
言ってましたが
誰でも乾燥すればかゆみもあるよね〜と
ひとりツッコみを入れてます。




途中経過をダラダラと書くのは
字数のムダになるので要約すると
「頭皮にケアはシャンプーから」。



頭皮の状態別(乾燥、オイリー、ベタつき?)に
分けてシャンプー剤を使い分けるようですが
オイリーとベタつきは同じ?ではと、、、

2度めのツッコみを入れたくなってしまった。




そして決め手は
シャンプーをしっかりと泡だてて
頭皮をしっかりと洗う。



そしたらドライヤーで頭皮を
しっかり乾かすことで頭皮を守る、、らしい。



トドメは頭皮の乾燥を防ぐために
保湿剤と頭皮にたっぷり塗る、、ようですが
まるでシャンプーのCMのような番組でした。


まぁ、
色々な考えがありますから
否定はしませんが
「40才が頭皮の曲がり角」って
何か根拠があってのことでしょうか、

ここは気になります。






シャンプーの目的は髪を洗う

美容師になった時から
先輩に言われたのは
「しっかりと頭皮を洗いなさい」でした。



髪の汚れを落とすはず、、なのに
どうして頭皮をしっかり洗うのか。



疑問はあったけれど
美容にことなど全くのムチで
美容界に入ったので先輩の
教えを実行するしかありません。




しかし頭皮のかゆみ、
ベタつき、
薄毛など

頭皮のトラブルは
毎日シャンプー剤で頭皮をこする事が
原因のひとつでもあります。




シャンプー剤とは
髪の汚れを落とす洗剤、

その洗剤に何とかの成分を配合しても
洗剤には変わらないでしょう。



洗剤で頭皮のトラブルは解決しません。



シャンプーで頭皮を洗わないと
汚れが毛穴に詰まってしまうと
思っているようですが
毛穴、
毛包と表現します。




毛包の下から頭皮の方向に細胞分裂して
髪の成育を助ける役目があるので
正常な毛穴はつまることはありません。



毛穴が詰まったように見えるだけですから
気にすることはないようです。



この話を始めると
2時間ほど必要になるので
またの機会にします。



それでは本題に戻しますが

シャンプー剤で頭皮をこする、
乾燥する、
皮脂が過剰分裂してべたつく、

またシャンプー剤でこする
、乾燥する、、、、この悪循環を
繰り返しているだけです。



頭皮が乾燥してフケが気になる


f:id:bauhaus-s:20191009220305j:plain


仕上がりから入るのはいつもの事、
おとなの事情です。


最初に来た時は
ブログからbauhausを見つけての
来店だったが
気になったの白髪よりも頭皮の状態、

所々赤みがあり
ふけ、、、というよりも
頭皮が剥がれているような感じ。



髪のクセも気になっているようでした。
まずはシャンプーで髪を洗っても
頭皮はこすらないようにと
ホームケアの話をする。



それからヘナをし始めて1年ほど経過、
だいぶ頭皮の状態は良くなった、、、かな。





f:id:bauhaus-s:20191009220425j:plain


髪と頭皮の状態が落ち着いたら
「私、、、髪を明るくしたい」、、、

それにしても
以前カラーをして頭皮がズキズキして
染めるのをやめて
ヘナにしたんじゃ、ありませんでしたっけ。



と言ってもそこは女子、、、
どうしても明るくしたいようですから
ライトナーを使い
部分的に髪を明るくすることに。



ジアミンがダメでもライトナーだったら
使えます。





f:id:bauhaus-s:20191009220317j:plain


少し太めの筋状に染めたところ



f:id:bauhaus-s:20191009221327j:plain

できれば別の日にしたかったが
時間が取れないので
そのままヘナをすることにした。


ちなみに白髪は少々あります。



ヘナはクセ毛のケアと
白髪隠しが目的ですが頭皮には
できるだけベタ付きしないように
慎重に塗る。




言っておきますが
ヘナがいくら天然だからといって
敏感な肌にベタベタ塗るのはタブー、

優しく優しく頭皮の近くにヘナを
置いていく感覚で。



浸透圧で頭皮近くにヘナが付くので大丈夫、


まぁ、ヘナを扱うならば
この程度のデリカシーは必要でしょう。





f:id:bauhaus-s:20191009220305j:plain



f:id:bauhaus-s:20191009220254j:plain


仕上がりですが、
まぁ、喉元すぎれば、、、てことでしょうか、

頭皮にトラブルがなくなれば
髪を明るくしたいようです。



それでも最初のお約束のシャンプーは
髪を洗うもの、

頭皮をこすらないは守っているようです。


まとめ

脱洗剤を初めて7年、

湯シャンを始めて5年になるけれど
何の問題もありません。




それまでは
体のカユカユに悩まされていましたが
脱洗剤ですっかり改善。



しかし頭皮は髪が生えているので
いきなり湯シャンにすると
ベタつきなどが気になることもあります。



今まで何年も良かれと思ってやっていた習慣を
突然変えても頭皮は簡単には戻りません。



しかしベタ付くのは髪で頭皮では無いはず、

そこで
髪だけをシャンプーすることから始めれば
髪のベタつきも気にならなくなります。


いつまでも洗剤で頭皮をこすっていては
解決にはなりません、、、



もひとつ言っておきますが
石鹸やシャンプーで頭皮や肌のトラブルが
解決すると信じている方々

私の話など笑い飛ばしてください。




(注)ここまでのヘナの表記は
全てハナヘナのことです、お間違いのないように




長野と上田でハナヘナを体験したい方、
気になる方、
相談だけでも受け付けてます。


予約、問い合わせ

026ー228ー5228


相談はブログのコメントも使えます


hair・shop b a u h a u s

長野市南石堂町 1423 奥村産業ビル1F