ヘナのテイクアウトとセルフのヘナ

 

 

 

ヘナの白髪染めに本気で取り組んでいる

長野の文系美容師 ハナヘナ専門店バウハウスの

傳田(デンダ)がヘナを語ります

 

 

 

 

消費税が10%

 消費税が変わって2ヶ月ほどです、

 

前回の消費税が5%から8%に上がる時は

増税前に買わなければ損だぁ〜、と

周りが大騒ぎしていた。

 

 

その頃に車の買い替えがそろそろかな、

なんて思っていたら

周りが「今買わなければ損する」と

買い替えをすすめてくる(車屋さんではありません)。

 

 

 

確かに高額な買い物で3%は大きいけれど

絶対に買い替えが必要な

状況ではありませんでした。まぁ、

 

あまりにもシツコク言われるので

買い換えましたが

本音は必要なければ買わないのが一番の

得だと思いますけどね。

 

 

 

前回の消費税が上がった時に比べると

今回の消費税のアップはさほど

騒がなかったような気がするのは

私だけでしょうか。

 

 

まぁ、今回の消費税の値上げは

軽減税率なんて

分かりづらい事もあってでしょうかね。

 

 

お持ち帰りテイクアウトは8%、

店で食べれば10%、、、、、。

 

 

 

 

 

ヘナのテイクアウト

塗るだけヘナ、、これはその名の通り

美容室でヘナを塗った状態でお家に帰る。

 

 

 

当然ですが流すのも乾かすのも

自己責任でやってもらうことになります。

 

 

天然のヘナは放置する時間に

制限はありませんので

おかえりヘナの最大のメリットは

美容室に滞在する時間が短いこと。

 

 

 

カットしてヘナを塗って

60分もあればヨユウで終わります、

 

 

時間を有効に使いたい方には

最高のメニューかもしれない。

 

 

 

美容師とお客様が共同で

ヘナをする方法のひとつですが

ここから「塗るだけヘナ」の話に

なると思うでしょう、、、、残念ながら

ヘナのテイクアウトの話ではありません。

 

 

 

本題に入る前にひとつだけ、

 

お分かりだとは思いますが

ヘナのテイクアウトは消費税が8%には

なりません。

 

 

 

ヘナは植物の葉っぱの粉ですが

食べ物でも飲み物でもありませんので。

 

 

 

 

そう言えば以前の話ですが

 

ヘナは胃薬のして使われたいたと

聞いたことがありますが

これだけは検証したことがありません。

 

 

 

 

 

セルフのヘナと美容室でインディゴ

ヘナのオレンジ色を消す時に使うのが

インディゴ。

 

 

ヘナで染めたら一度流して

インディゴで染めるのが

ヘナとインディゴの二度染、

 

最強の天然成分の白髪染めです。

 

 

 

 

しかし二度染めるので時間が必要になるのが

ウイークポイントかもしれない。

 

 

 

ヘナ専門店のバウハウスでも

二度染は2時間半〜3時間ほど必要です。

 

 

 

そこでお客様の提案が

ヘナのセルフとインディゴの美容室対応、

 

説明すると

最初のヘナをセルフで染めてから

美容室でインディゴで染める方法です。

 

 

自宅にてヘナで染めてあるので

美容室ではインディゴ染めをするだけですから

滞在時間が短くなるのは負担が少ないでしょう。

 

 

 

 

 

 

f:id:bauhaus-s:20191117204932j:plain

ハナヘナ

仕上がりから入りますが

通常業務ですので気にしないように

 

 

 

 

 

セルフでヘナ

 

f:id:bauhaus-s:20191117204944j:plain

 

 

前日にハナヘナを使って白髪染めを

してあります、

オレンジ色に染まっているのが

白髪だった髪。

 

 

セルフヘナと

インディゴ美容室の事実は、、

美容室でヘナとインディゴの

二度ぞめをしたらかゆみがでたのが

始まりでした。

 

 

 

パッチテストでは問題がなかったし

何のアレルギーも無い、

 

思い当たることは

ヘナとインディゴの同日の施術。

 

 

 

インディゴは以前には毛生え薬として

使われていたように

刺激のあるハーブです。

 

 

 

アレルギーは問題が無くても

ヘナとシャンプーで

頭皮の油分が無くなったところに

インディゴは刺激が強かったかもしれない。

 

 

 

そのような時は

ヘナとインディゴをする日を変えることで

対応する方法もある。ってことで

 

この方が選んだのは

セルフでヘナをしてから

美容室でインディゴをする方法だった

(隣の市から来店するので

一度で済ませたいそうです)。

 

 

 

 

 

セルフヘナの弱点

 

f:id:bauhaus-s:20191117204958j:plain

 

見て分かるように

耳から下が染まっていないでしょう、

 

まぁセルフで染める以上

仕方が無いことです。

 

 

しかしセルフのムラ染めの対処は

カンタンだが

どうしてもムリなことがあります。

 

 

 

天然のハナヘナは染めると

同時に髪のケアも期待できるのです。

 

 

特にクセ毛はヘナを続けることで

まとまりがよくなるのは事実。

 

 

 

ただし、ケアをするのであれば

ヘナを大量に塗ることが重要です。

 

 

経験してみると分かるがセルフでは

必要な量の半分も塗ることができない。

 

 

セルフヘナは自宅でも

簡単にヘナで染めることはできるけれど

ヘナの効果を全て引き出そうとするのは

無理があります。

 

 

 

この方は耳から下の髪が

螺旋所にカールする癖毛ですから

出来れば美容室でたっぷりとヘナを塗って

白髪とクセのケアをしたいのですが、、、

 

 

ヘナはその人に合わせた方法があるので

強要してはいけません。

 

 

ちなみに耳下は縮毛矯正をしている、、、

(私は部分縮毛矯正は得意です 笑)。

 

 

 

 

 

f:id:bauhaus-s:20191117205009j:plain

 

 

インディゴの放置から酸化させて

この後に乳化しながら流します。

 

 

ヘナとインディゴの大きな違いは

流す時の手順と方法、

 

ここがインディゴの発色最大のポイント

 

本日のヘナのインディゴは 3:7、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:bauhaus-s:20191117205050j:plain

 

 

ヘナのオレンジ色が消えて

ブラウンに変わり始めているが

この後2日ほどかけて発色するのが

インディゴの特徴。

 

 

発色中は水分補給をお忘れなく、

 

 

 

まとめ

ヘナで染めることは

特別なことではありません。

 

最も単純で自然な行為です。

 

ヘナで染めることは

その人に合った方法があり

天然の色はその人だけの色で染まります。

 

 

 

 

ハナヘナを体験したい方、

興味がある方、

気軽に問い合わせしてください。

 

 

予約、問い合わせ

026ー228ー5228

 

メールでの相談は

conachi.803@i.softbank.jp

 

 

当日の予約が困難になっています、

できましたら

予約は1週間ほど前にお願いします。

 

 

hair・shop    b a u h a u s

 

長野市南石堂町1423 奥村産業ビル1F

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:bauhaus-s:20191117205218j:plain