ヘナを塗るとき頭皮にすり込んだらアカン

ヘナの白髪染めに本気で取り組んでいる長野の文系美容師 
ハナヘナ専門店バウハウスの傳田がヘナを語ります






ヘナで染めるようになったら髪が切れるようになった気がする、
先日の話です。


確かに根元から5センチくらいのところから切れ毛が目立つが、、、
縮毛矯正の失敗じゃぁあるまいし天然の葉っぱで髪が切れるなんとことは
考えられない。



本日のメニューはパーマだったのでこれまでの美容歴を聞くと
ここ半年ほどは2ヶ月おきに白髪をヘナで染めていたようで
薬剤を使うメニューはしていないようでした。




ヘナで染めたというのは頭頂部にポツポツある白髪は黒く染まっているけれど
黒さがきわだっているような気がする。



ヘナの一度染で染めてもらったようですがここで少し話を整理しましょう。
ヘナで染めると白髪は「クロ」でなく「オレンジ色」に染まるのは
もうご存知だと思います。




そのオレンジ色を消すときにインディゴで再度染める方法があるけれど
これは2度染めることになります。




そういえば、、、ヘナとインディゴい2度染めするときに最初にインディゴを
使ってしまった美容師くんがいる、

どうもヘナとインディゴをガラスのビンで保管していてそのキャップを
取り違えていた(キャップにヘナと表記)のが間違いの始まりだったようだ。



しかしヘナとインディゴは性質がまったく違うので水を加えたときに
分かりそうなものだけどね。


話がそれているようですから戻しますが
天然のヘナで黒く染まることはありません。






それではハーブブラウンやハーブマホガニーだったら一度で茶色や黒く
染まると思っている方もかなりいるようですがヘナとインディゴを
ミックスしただけですからハッキリ言ってムリ。




長々と書いてきましたが今回の方はヘナではなくて
「ヘナもどき」で染めたようです。




ここでハッキリ言っておきますが「ヘナもどき」を否定している訳では
ありません。




使う側、主に美容師と染める側、お客様が理解して納得していれば問題は
少ないでしょう、(注)「少ない」というのは
説明不足や思い込みがあるのでこのような表現にしています。




今回のケースは今までは天然のヘナで染めていたけれど諸事情から
ほかの地域でヘナをしている美容室を探した結果、

染めたのは「ヘナもどき」でした。




ただその美容師がどのようにヘナを説明しているかは分かりません、
ま、ヘナを理解してない美容師はいくらでもいますから。







ヘナは頭皮にすり込む


それではヘナをした後切れ毛が目立つ、、、この問題ですが

その前に、
「ヘナを塗っている時頭皮に擦り込むようにゴシゴシされるは
髪を引っ張られるは拷問かと思った」との事。



その強引な塗り方で髪が切れ毛になったのでは、、、とその方は
思っているようですが
ヘナは「頭皮近くにそっと置く」ように塗るのが基本中の基本、
すり込むなんてことはありえない。




いくら天然成分だからと言って頭皮にすり込むような事をしたら
毛穴に入りこみトラブルの元になりかねない。



なぜ頭皮にすり込むのか、、、理解できないが
髪に守られている頭皮は肌の中でも敏感な部分ですから無理はをしては
いけません。








ヘナをしたら切れ毛になった


そういえば以前もヘナをしたら切れ毛になった方がいたけれど
共通点は「なんちゃってヘナ」と「すり込むような塗り方」だが
その場面を見ていないし、

ヘナで切れ毛の例が少ないので答えることができません。




ヘナを頭皮にすり込んだり強く引っ張るような塗り方は論外、
やさしく塗るのがセオリーです。




どこでどう間違うとこのような塗り方になるのか分かりませんが
そのような強引な塗り方で髪がキレ毛になったとこの方々は
思っているのも事実です。



このようなことが起きるとどうしてもヘナが悪者になってしまうことが
あるのでヘナ専門店としたら複雑な気分です。



天然のヘナは髪を染めたりケアするために自生しているのではなくて
人が勝手にその成分を利用しているだけ、


天然の成分の恩恵にあずかるには都合よくヘナを使うのでなく
ヘナに合わせる気持ちが必要です。




ヘナの白髪染め


f:id:bauhaus-s:20190717201249j:plain
ハナヘナ


ヘナの白髪染めは白髪がオレンジ色に染まるけれど黒髪も染まっている。


ただ、脱色しないのでそのままの色ですが薄っすらと赤味がかかって見えるので
自然な風合いになります、



この方も以前はカラー剤で染めていたが年々頭皮と髪が気になりだしヘナに変えた。
最初はワタクシの口車に乗ってヘナをしたようですが
2年経った今でもヘナをしています。




薬剤を使わないで白髪を染めれるのならばそれに越したことはない、
最初はこの方の旦那さんもオレンジ色を気にしていたようですが
最近は何も言わなくなったようです。



色は慣れるんですよ、、、、









f:id:bauhaus-s:20190717201552j:plain
bauhaus


バウハウスの入り口





f:id:bauhaus-s:20190717201602j:plain



夕暮れ時の南石堂町ですが、、、、

左手はセイユーがありましたが今ではすっかり平地になりました、


どうやらマンションが建設されるようです。


まっすぐ進むと善光寺、信号を左に曲がるとbauhausがあります





ここまでのヘナの表記は全てハナヘナ ですのでお間違いのないように



ハナヘナ に興味がある方、体験したい方
相談だけの来店も受け付けてます(用予約)
美容師さんも歓迎です



長野と上田でハナヘナ でしたら

hair・shop b a u h a u s まで



予約、問い合わせ

026ー228ー5228



長野市南石堂町1423 奥村産業ビル1F