ヘナを続けたら髪が元の黒さに戻ってしまった、、そんな時は

長野でヘナの白髪染めに本気で取り組んでいる
ハナヘナ専門店の文系美容師 バウハウスの傳田が

本日もヘナの話題を語ります。





前回の続き


実は前回からの話で続きがありまして
本日はその話からいってみましょう。


その前に前回のおさらいを少しだけ、、、、白髪染めを始めると
気になるのは髪と頭皮だがどんなに気をつけていても
薬剤を使う限りダメージは避けられない。


しかも髪にクセがあると広がりやすい髪がカラーをする事で
乾燥毛になりさらに広がってしまうと
その先は白髪染めを取るか髪の潤いを取るか、、、。




そのような事が続いた結果ヘナに興味を持つ方が出てくるのだが
共通点は髪のダメージがかなり進行している方が多い、、、と
このような内容でしたが

そこでヘナに変えたとしても髪はすぐにピカピカ
サラサラにはなりません。




そこが天然モノのヘナの弱点といってしまえばそれまでだが
繰り返しヘナをする事で髪は徐々に健康毛になってくる。


さらにもうひとつヘナには弱点があり
それはヘナは天然モノだから髪を脱色しない、
カンタンに言ってしまえばケミカルカラーの白髪染めから
ヘナに変えて何ヶ月かすると髪がプリンになってしまうことです。




解決方法としては明るくなっている髪に
インディゴを使って暗くし根元に合わせることはできるが
今までの経験からその方法を選択した方はまだいません。



理由ですか、、、ハッキリ言うけど  知らね。
ここからは余談だが前回に登場してもらった方の話です。

普段、髪をまとめる事がよくありヘアピースを使っている。

そのヘナピースは髪を明るく染めていた時に購入したもので
今の髪色に合わなくなってしまったんだ。




そんな事からワタクシにヘアピースを染めれるかと
問い合わせがあった(合成毛の髪もカラーチェンジは出来るけれど
費用が相当かかるので新しく購入した方が安い)が
先のことも考えてお断りしました。






それって売り物?


そのような経過からそのヘナピースを購入した美容室に行き
今の髪色に合ったヘナピースがあるのかと尋ねたら、、、
なんと、、、、
どう見ても今の髪に合わない明るさのヘアピースを髪にのっけられ
「似合うわよ〜」と連発されたそうです。




しかもそのヘナピースは、、、何度か使用した形跡がありありの
中古品でそれを定価で売り付けられそうになったそうです。
ワタクシはその現場にいなかったので詳細は分かりませんが


老舗の美容室のオーナーが中古のヘアピースを
売ろうとしていた、、、。


本当だったらヤバイ話ですよね。







ヘナを始めたら髪が黒くなった

f:id:bauhaus-s:20190117182608j:plain
ハナヘナにホイルワーク



前置きが長すぎて本題に入る前に制限時間が来てしまいました。

そこでつづきは次回に、、、。


次回はヘナを続けたら髪は元の健康毛に戻ったけれど
髪の色も元に戻ってしまった。



以前のような明るさは求めないがもう少しだけ明るくしたい、、、
そんな話です。

つづく、、、、、。




ま、中古のヘナピースを売るのもどうかと思うけれど
縮毛矯正をしている髪に禁断のパーマをかけてしまった美容師くんも
生息いているのも事実です。



どうしてそのようなヤバイことをしたのか、、、聞いたら
「お客さんが希望したから」だそうでした。


お客さんが希望すれば何をやっても良いのか、、、
美容室と言うか美容師選びは必要ですね。






長野と上田でハナヘナのことでしたら

hair・shop b a u h a u s まで


予約、問い合わせ

026ー228ー5228


長野市南石堂町1423 奥村産業ビル 1F