ハナヘナの色はイエローオレンジ

ヘナの白髪染めに本気で取り組んでいる長野の文系美容師 

ハナヘナ 専門店バウハウスの傳田がヘナを語ります





イエローオレンジはハナヘナ


ヘナで白髪を染めるとオレンジ色に染まることは知られているが、、、、
ハナヘナ の色はイエローオレンジと表現されていた。


まぁ、カンタンにいえばハナヘナと〇〇ヘナの染まる色を比べた話です。



ちなみにその〇〇ヘナはサンセットオレンジだそうですが言葉の違いで
どちらも黄色がかったオレンジ色でしょう。



そは言ってもイエローオレンジとサンセットオレンジではイメージとしての
違いはあるのは事実で
サンセットオレンジの方が染まりがよい感じがするでしょう、

たとえばだけどAというヘナとBというヘナがあったとします。





どちらも天然のヘナですが山地や製法が違いそれを比べるときに
どちらかというと自分が気に入っているヘナをおしてしまうのが性でしょう。




表向きは平等にAとBを評価しているつもりでもどこかで気に入っている
Bのヘナをおしてしまうのは仕方がないことかもしれません。




そういえばヘナを始めた頃にあるヘナのメーカーは
ハナヘナはヘナの葉っぱを細かく粉砕するので染まりは良いけれど色落ちも早い、

当社のヘナは色の持ちをよくするために粗く粉砕しているので
染まるのに時間は必要だが色持ちは良い、、、と言っていた。




なつかしい頃の話ですが
植物が持っている成分が発色するのだから葉っぱごとに違いなど
あるはずがなく違いがあるとしたら扱い方、


まんべんなく成分(色素)を取り出す工夫をすることが大切で
粉砕の粒子が色持ちに影響することはありえません。





それとヘナは鮮度が大切で古くなると発色が悪くなるようですが
このことは身をもって体験してます。








イエローオレンジはこんな色かな(笑)




f:id:bauhaus-s:20190719213621j:plain
ハナヘナ


頭頂部にポツポツ系の白髪









f:id:bauhaus-s:20190719213718j:plain



表面は少ないが生え際に内側にかたまった白髪、

オレンジ色に見える部分が白髪です。












f:id:bauhaus-s:20190719213852j:plainf:id:bauhaus-s:20190719214101j:plain




全体に散りばめた白髪











f:id:bauhaus-s:20190719214548j:plainf:id:bauhaus-s:20190719214604j:plain



上の写真はヘナのナチュラルで染めて

そのあとインディゴでオレンジ色を消したのが下の写真、、、ですが

暗くなりすぎないようにインディゴはヘナと混ぜてます。










f:id:bauhaus-s:20190703221541j:plain


頭頂部の白髪がきになるお年頃、、、







f:id:bauhaus-s:20190419224013j:plain



ヘナは一晩寝かせた熟成ヘナです、

理由ですか、、、、熟成させることでヘナの成分を満遍なく取り出せるので
染まりが安定する。


それと溶きたてのヘナに比べ熟成させるとヘナの油分が溶け出しているのでしっとり仕上がる。




ここまでのヘナという表記は全てハナヘナですのでお間違いにおないように





まとめ


ヘナの色は髪質で変わってくるのは仕方がないことですが塗ってから
放置する時間や特に塗る量でも違いがある。



タップリと塗った方が染まりは良い気がする、、、ので
今週末にでも検証するつもりです。




ヘナの色は人それぞれですがそれも天然のヘナを使う良さのひとつです。

その人だけの色味は天然のヘナでなければ出ません。






長野と上田でハナヘナでしたら

hair・shop b a u h a u s まで


予約、問い合わせた

026ー228ー5228



長野市南石堂町1423 奥村産業ビル1F